九州鉱害防止支援・地熱開発事務所を福岡県福岡市へ移転

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、4月1日(月)に「九州鉱害防止支援・地熱開発事務所」を大分県日田市から福岡県福岡市へ移転しました。

「九州鉱害防止支援・地熱開発事務所」 位置図「九州鉱害防止支援・地熱開発事務所」 位置図


 このたび、JOGMECの業務合理化及び組織内の横断的連携を図るため、「九州鉱害防止支援・地熱開発事務所」を福岡県福岡市の大博センタービルに移転し「九州支部」と併設することになりました。
 これからも従来どおり、九州の地方自治体を中心とする休廃止鉱山の鉱害防止事業への支援や地熱開発業務に取り組んでまいります。

■ 「九州鉱害防止支援・地熱開発事務所」の主な沿革
昭和54年度          金属鉱業事業団(JOGMECの前身)の「日田事業所」(のちに「九州環境業務支所」と改称)
          として大分県日田市に開設
平成16年2月        JOGMEC設立時に「九州鉱害防止支援事務所」に改称
平成24年9月        地熱開発が業務に追加され現在の「九州鉱害防止支援・地熱開発事務所」に改称
平成31年4月        福岡県福岡市へ移転

■ 移転先            〒812-0011
         福岡県福岡市博多区博多駅前二丁目19番24号
         大博センタービル10F
         電話:092-409-2428(4月24日開通予定)
         FAX:092-409-2429(4月24日開通予定)

→全文を読む
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_03_000024.html?mid=pr_190412_02
  1. プレスリリース >
  2. JOGMEC >
  3. 九州鉱害防止支援・地熱開発事務所を福岡県福岡市へ移転