『Shadowverse』 よしもとLibalent所属のふぇぐ選手が世界一に輝き、優勝賞金100万USドルの主人公に!2019年シーズンも世界大会開催決定

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygames(以下、サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)が開発・運営をおこなう本格スマホカードバトル『Shadowverse(以下、シャドウバース)』の世界一を決める「Shadowverse World Grand Prix 2018」が2018年12月15日(土)、16日(日)の両日開催され、よしもとLibalent(リバレント)所属のふぇぐ選手が世界一に輝き、2018年シーズンの各地域の熱い戦いに幕を閉じました。 

また、表彰式後、サイゲームス常務取締役 兼 『シャドウバース』プロデューサー木村唯人より、2019年にも同額の優勝賞金100万USドル(約1億1,000万円)の世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019(仮)」を開催することを発表いたしました。
 
本大会は、国内で開催されるesports大会史上、最高の優勝賞金100万USドルをかけて、2018年シーズンに世界各地の大会で優秀な成績をおさめた、24名の選手が二日間にわたり熾烈な戦いを繰り広げました。
 
15日のDay 1スイスドロー8回戦の上位8名、Riowh選手、NineVoice選手、Potwasher選手 (Tempo Storm)、ふぇぐ選手 (よしもとLibalent)、Hishiro選手、ZeNX選手、ソルト選手、カサゴ選手が、トーナメント方式で行われる16日のGRAND FINALSに進出いたしました。

 優勝したふぇぐ選手は、準決勝で、Day1をトップで通過したRiowh選手との激戦をものにし、決勝に勝ち上がり、Potwasher選手との決勝も互いに一歩も譲らぬ厳しい戦いとなりましたが、最後にチャンスをものにし、優勝に輝きました。
 
優勝インタビューでは、目に涙を浮かべながら、「(この喜びは)所属チームのよしもとLibalentのメンバーに伝えたいです。成績が振るわない時期もありましたが、あきらめないで、毎日練習した結果だと思います。今日も1、2時間しか寝ないで練習をしました…シャドウバースには夢があります!本当に楽しいゲームなので、ぜひ、もっと多くの人にプレーしてもらいたいです。」と喜びを表現しました。
                                                                                                                            
「Shadowverse World Grand Prix 2019(仮)」の続報については、近日公開予定の「Shadowverse Next 2019」にて発表いたします。
 
■「Shadowverse World Grand Prix 2018」の模様



■『シャドウバース』とは
「フォロワー」、「スペル」、「アミュレット」という3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手リーダーキャラクターの体力を0にしたら勝利となる、スマートフォンで遊べるデジタルTCG(トレーディングカードゲーム)です。
 
■esports(eスポーツ)とは
「エレクトロニック・スポーツ」の略語で、デジタルゲームをスポーツ競技として捉える際に用いられる名称です。
12月に発表された「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」でもトップ10にランクインし、年々、注目度が高まっています。現在、世界中でesportsの大会が盛んに開催されており、アジア・オリンピック評議会(OCA)は、2018年夏にジャカルタで開催されたアジア大会でesportsを公開競技として採用し、2022年大会から正式競技にすることを発表しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Cygames >
  3. 『Shadowverse』 よしもとLibalent所属のふぇぐ選手が世界一に輝き、優勝賞金100万USドルの主人公に!2019年シーズンも世界大会開催決定