【宝島社企業広告】「忘却は、罪である。」1/5掲載

企業広告のテーマは「世界平和」

 ファッション雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2017年1月5日(木)、企業広告「忘却は、罪である。」を、朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・産経新聞・日本経済新聞・日刊ゲンダイの新聞6紙(全国版)に同時掲載いたします。
 


 弊社では、商品では伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告を通じてお伝えしたいという思いで、1998年より企業広告を開始し、今年で20年目となりました。昨年1月には、樹木希林さん出演の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」を新聞4紙に同時掲載し、数々の広告賞(読売広告大賞、朝日広告賞、朝日新聞読者賞、日本新聞協会新聞広告賞、ADC賞、TCC賞、グッドデザイン賞ほか)をいただいたほか、Yahoo!ニュースのトップに掲載されるなど、1300以上のメディアに取り上げられ、大変話題となりました。
 今回の企業広告のテーマは「世界平和」です。戦後70年余りが過ぎ、戦争経験者が減ってゆく一方で、戦争を知らない世代が多くを占める世の中となりました。2016年のオバマ大統領の広島訪問、そして安倍首相の真珠湾訪問に加え、2017年はトランプ新大統領の就任、イギリスのEU離脱交渉開始など、世界情勢が大きく変化することが予想されます。あらためて戦争と世界平和を考えるきっかけになればと思い、企業広告のテーマとしました。
 宝島社は今後も、企業として社会に伝えたいメッセージを、企業広告を通じて世の中にお伝えしてまいりたいと存じます。

【広告意図】
今回の企業広告のテーマは「世界平和」です。
2016年は、オバマ大統領の広島訪問、安倍首相の真珠湾訪問が実現した歴史的な年でした。
そして2017年。
世界は大きく変動することが予想されます。
トランプ新大統領が誕生します。
イギリスがEU離脱交渉を本格化し、難民問題は各国を揺るがすでしょう。
変わりゆく世界にあっても、決して変わらない、変えてはいけない人間の目標が、世界平和です。
そのために何ができるのか、何をすべきなのか。
この広告が、それを今一度見つめ直すきっかけとなれば幸いです。

【制作スタッフ】
・企画:宝島社
・クリエーティブ・ボード エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター:古川裕也氏(㈱電通)
・シニア・クリエーティブディレクター:磯島拓矢氏(㈱電通)
・アートディレクター:窪田 新氏(㈱電通)
・コピーライター:橋本卓郎氏(㈱電通)

宝島社のこれまでの「広告」の一部を紹介します。
~「商品」では伝えきれないメッセージを「広告」で~
http://tkj.jp/company/ad

【2016年1月】

企業広告 「死ぬときぐらい好きにさせてよ」
【受賞】
2016  読売広告大賞(グランプリ)
2015  朝日広告賞(グランプリ)
2015  朝日新聞読者賞
2016  日本新聞協会 新聞広告賞
(広告主部門・本賞)
2016  ADC賞
2016  TCC賞
読売出版広告賞 審査員特別賞
JAA広告賞 新聞広告部門 メダリスト
2016年度 グッドデザイン・ベスト100

【2012年】

企業広告 「ヒトは、本を読まねばサルである。」
【受賞】
2013 第66回 広告電通賞 優秀賞(新聞広告 企業部門)
2013 第53回 消費者のためになった広告コンクール(企業PR部門 銅賞)
2013   第61回 朝日広告賞(広告主参加の部:準朝日広告賞)


【2012年】

企業広告 「君よ、散財にためらうなかれ。君の十銭で淺草が建つ。」
【受賞】
2012 第61回日経広告賞 出版・コンテンツ・教育部門 部門賞(第1位)

【2011年】


企業広告 「いい国つくろう、何度でも。」
※「Yahoo!ニュース」TOPにも掲載され、話題になりました
【受賞】
2011 読売広告大賞(金賞)
2011 毎日広告デザイン賞(優秀賞)
2011 フジサンケイグループ広告大賞(メディア部門 新聞 優秀賞)
2011 日経広告賞

【2010年】
※日本掲載

※アメリカ掲載

企業広告 「日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。」
※日米同時掲載 6冠受賞
【受賞】
2010 朝日広告賞(準朝日広告賞)
2010 読売広告賞(銀賞)
2010 フジサンケイグループ広告大賞(クリエイティブ部門新聞優秀賞)
2010 毎日広告デザイン賞(部門賞(出版))
2010 広告電通賞(新聞広告電通賞)
2011 新聞広告賞(広告主企画部門・本賞)

【2003年】


 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 宝島社 >
  3. 【宝島社企業広告】「忘却は、罪である。」1/5掲載