フィンテック企業の「みんかぶ」に資本参加し、業務提携

金融経済情報分野で連携し新たなサービス開発へ

株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:渡辺雅隆)は本日、金融経済情報サービスを提供する株式会社みんかぶ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生憲)と、両社の競争力強化を目的とした資本業務提携に合意しましたので、お知らせ致します。朝日新聞社がみんかぶ社に資本参加し、主要な株主となります。
 みんかぶ社は、『みんなの株式』(https://minkabu.jp/)、『株探』(https://kabutan.jp/)、『Klug-FX』(http://klug-fx.jp/)、『sharewise』(https://sharewise.com/)など、AI(人工知能)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した独自性の高い金融情報メディアを展開しています。また、情報系フィンテックソリューションベンダーとして、安定した技術力と豊富なデータカバレッジを背景に、株式や外国為替、商品先物、仮想通貨など様々な金融商品の分野で、システムの構築及び情報サービスの提供を金融機関向けなどに行っています。

 朝日新聞社とみんかぶ社は、互いの強みを生かして連携し、金融経済情報分野で両社の更なるプレゼンス強化を図ります。朝日新聞社は、みんかぶ社の強みである金融経済情報データ・コンテンツやAI記事作成機能などを活用し、新たなサービス展開をめざします。また、みんかぶ社は、朝日新聞社のメディアグループ各媒体への露出を図り、これまで十分にリーチできていなかった投資家との接点を増やします。みんかぶブランドを強化し、金融経済情報ベンダーとしてのポジショニング向上に努めます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. フィンテック企業の「みんかぶ」に資本参加し、業務提携