東京メトロとドラえもんの「すすメトロ!」キャンペーン 第11弾「丸ノ内線新型車両」篇がスタート!

CMやポスターなどは、12月1日(土)から順次展開

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)は、「こんなこと、できたらいいな」を叶えるドラえもんを起用し、企業理念・企業姿勢及び各種取組みを紹介する「すすメトロ!」キャンペーンを展開しています。その第11弾として、約30年ぶりに丸ノ内線に導入される新型車両2000系をご紹介する「丸ノ内線新型車両」篇を、2018年12月1日(土)からスタートします。

 

最先端の快適性を実現!「丸ノ内線新型車両」篇がスタート。

 2019年2月から運行を開始する新型車両2000系は、その斬新なデザインとともに最先端の快適性を実現した車両です。これまでの約1.4倍の冷房能力を持つ空調機能や、カーブでの騒音を低減させる操舵台車の採用。また、6両編成の全車両にフリースペースを設けるなど、新型車両の導入で、さらなる安心をお届けする様子をお伝えします。

CMやポスターを中心に2018年12月1日(土)から順次展開予定です。



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 東京メトロとドラえもんの「すすメトロ!」キャンペーン 第11弾「丸ノ内線新型車両」篇がスタート!