世界の遠隔精神医学市場-サイズ調査、製品別(家庭用ソリューション、法医学ソリューション)、最終用途別(病院、地域精神保健センター)、地域予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の遠隔精神医学市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年10月 27日 に発刊しました。レポートには、今後数年間で世界の遠隔精神医学市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と(市場の製品)の全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-telepsychiatry-market/10326795


遠隔精神医学は遠隔医療の応用であり、治療(家族療法、集団療法、個人療法)、精神医学的評価、患者教育、投薬管理など、幅広いメンタルヘルスソリューションを提供します。遠隔精神科は、患者と精神科医の間の直接のコミュニケーションを含みます。また、メンタルヘルスケア相談で指定されたプライマリヘルスケア提供者を支援する精神科医も含まれます。また、医療情報(画像、ビデオなど)を記録し、後で評価するためにこれをリモートサイトに配信することもできます。したがって、これらの要因は、世界中の市場の成長を加速すると予想されます。

さらに、精神疾患、不安、ストレスのある患者の増加、および人々の自殺の数と傾向の増加は、予測期間中の市場成長の原因となる他のいくつかの要因です。全米精神障害者家族同盟によると、2018年には、米国市民の43.3%が精神疾患の治療を受けました。その中で、精神障害のある13〜18歳の若者の20%以上、11%以上の若者が気分障害を患っており、成人の約18.1%が不安障害を患っています。

これにより、世界中で遠隔精神医学の需要が高まることが期待されています。最近、COVID-19は世界中に広く普及しているため、さまざまな地方政府が、新しいコロナウイルスの蔓延を防ぐために、商品、サービス、および人々の移動を一時的に制限しています。これにより、定期的な医師の診察ではなく、オンライン医療サービスに対する人々の好みが変わりました。そのため、パンデミック時のメンタルヘルスケア相談では、バーチャルケア提供ソリューションが絶大な人気を博しています。それにより、遠隔精神医学市場は今後数年間で大幅な速度で成長すると予想されます。

しかし、熟練した精神科医の不足と不利な償還シナリオは、2020ー2027年の予測期間中に市場の成長を妨げる主な要因です。

北米は、有利な償還方針の存在と、この地域での新しいテクノロジーベースのソリューションベンダーの高可用性により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は、2020ー2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。自殺事件の増加や医療インフラの改善などの要因は、アジア太平洋地域全体の遠隔精神医学市場に有利な成長見通しを生み出すと予測されます。

U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、米国の2018年から2027年の間に、国民の医療費は年率5.5%で増加すると推定されています。さらに、同国のヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想されています。このような要因を背景に、市場は今後数年間で大幅な成長を観察すると予測されています。世界の遠隔精神医学市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。世界の遠隔精神医学市場は、、製品別(家庭用ソリューション、法医学ソリューション)、最終用途別(病院、地域精神保健センター)、地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。2019年、メディケイドによる病院への支出は米国で最大5.1%増加しました。これは、2020年から2027年の間に、年率5.7%でさらに成長すると予想されています。
レポートのサンプルURL:https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326795

市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。世界の遠隔精神医学市場は、地理に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。

世界の遠隔精神医学市場におけるキープレーヤー

InSight Telepsychiatry, LLC
Arcadian Telepsychiatry, LLC
Iris Telehealth
Advanced Telemed Services
American Telepsychiatrists
Encounter Telehealth
e-Psychiatry, LLC
InnovaTel Telepsychiatry
JSA Health Telepsychiatry, LLC
FasPsych, LLC

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の遠隔精神医学市場-サイズ調査、製品別(家庭用ソリューション、法医学ソリューション)、最終用途別(病院、地域精神保健センター)、地域予測2020-2027年