横浜ダンスコレクション2020 コンペティション振付家募集!

1996年に「新進振付家の発掘・育成」と「コンテンポラリーダンスの発展」を目的にスタートした横浜ダンスコレクションは、2020年の開催で25回目を迎えます。

横浜ダンスコレクションの核となるコンペティションでは、時代を共有して身体と表現に新たな視線を向けるアーティストによる「振付」のオリジナリティーに価値をおいています。これまでに約400組の振付家がファイナリストとして作品上演を果たし、審査員賞など110組以上の受賞者が国内外で活躍しています。

25回目の開催となる横浜ダンスコレクションに、エントリーをお待ちしています!

1.募集・申込
募集期間:2019年5月22日(水)~7月26日(金) 

*WEB|23:59まで・郵送|必着

募集要項→ http://yokohama-dance-collection.jp/competition_guide/
応募フォーム→http://yokohama-dance-collection.jp/competition_form/



2.書類・映像による選考
提出資料によるファイナリストの選考を行います
選考結果については、2019年9月下旬にメールにてお知らせします

3.上演審査
書類・映像による審査を経て選考されるファイナリストは、2020年2月の上演審査へと進みます。
[コンペティションI]
2020年2月8日(土)~9日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
[コンペティションII 新人振付家部門]
2020年2月6日(木)~7日(金)
会場:横浜にぎわい座 のげシャーレ

 


コンペティションⅠ
◎応募資格:振付家として公演実績があること (応募者の単独公演でなくても可)

 

 

審査員賞
[副賞]翌年以降における「横浜ダンスコレクション」での上演及び賞金40万円(創作活動補助金)
若手振付家のための在日フランス大使館賞
[副賞]フランスでの約3ヶ月間のレジデンスプログラム
MASDANZA賞
[副賞]インターナショナル・コンテンポラリーダンス・フェスティバルMASDANZA(スペイン)への出場権利
シビウ国際演劇祭賞
[副賞]ルーマニアで開催するシビウ国際演劇祭での上演

審査員
岡見さえ(舞踊評論家)
北村明子(振付家・ダンサー・信州大学人文学部准教授)
近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー)
多田淳之介(演出家・東京デスロック主宰)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)
サンソン・シルヴァン (在日フランス大使館文化担当官)
グザヴィエ・ぺルソン(アンスティチュ・フランセ横浜 館長)
エマール・クロニエ (フランス国立ダンスセンター 副ディレクター)
その他、海外より提供される各賞の審査員は、各国のダンス専門家が務めます。

*******************************

コンペティションⅡ 新人振付家部門
◎応募資格
・振付家経験不問
・日本在住の25歳以下(1994年4月2日以降に出生した人)

 

 

最優秀新人賞
[副賞]作品創作支援及び翌年の「横浜ダンスコレクション」での上演をサポート

審査員
伊藤千枝子(振付家・演出家・ダンサー)
ヴィヴィアン佐藤(美術家)
加藤弓奈 (急な坂スタジオ ディレクター)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)


詳細は横浜ダンスコレクションウェブサイト http://yokohama-dance-collection.jp をご確認ください。

お問合せ:
横浜ダンスコレクション事務局(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
住所:横浜市中区新港1-1-1 横浜赤レンガ倉庫1号館
TEL: 045(211)1515 | FAX: 045(211)1519 | E-mail: ydc@yaf.or.jp
【ダンコレ20年史1996-2015公開中!】 http://www.yokohama-dance-collection.jp/20th_anniversary/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 >
  3. 横浜ダンスコレクション2020 コンペティション振付家募集!