【SDGs週間】植物と「共に⽣きる」未来のためにサスティナブルな一歩を踏み出す様々な取り組みをBOTANISTが実施

国連総会でSDGsが採択された9月25日(GLOBAL GOALS DAY)にキャンペーンをスタート

株式会社I-ne(本社:大阪市北区)が展開するボタニカルライフスタイルブランド【BOTANIST(ボタニスト)】は、国連が定めたSDGs週間に合わせ、サスティナブルな暮らしを広げるための様々な活動やキャンペーンを行います。

BOTANISTは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
 
  • SDGsカードキャンペーン「 BOTANISTとはじめるSDGs」
9月25日は、国連総会でSDGsが採択された「GLOBAL GOALS DAY」です。BOTANISTでは、9月25日より、サスティナブルなアイデアを集めた「SDGsカードキャンペーン」を実施します。「SDGsに興味がある」「私も何かしたい!」と思っても「具体的に何をすれば良いか分からない」という人に向けて、BOTANISTは、「環境に配慮した製品を選ぶ」や「水はこまめに止める」など、SDGsに関する30のアイデアをカードにしました。身近なこと、好きなこと、面白そうと感じることがきっとあると思います。楽しみながら、持続可能な社会を目指すきっかけになればと考えています。

※「30のアイディア」はBOTANISTリニューアルのディザーキャンペーンで集めた「みんなのサスティナブル宣言」から抜粋しました。 

・「BOTANISTとはじめるSDGs」
https://botanistofficial.com/shop/t/t1081/
・「みんなのサスティナブル宣言」
https://botanistofficial.com/special/sustainable_voice/
 
  • サスティナブル ポータルサイト(10月18日公開予定)
環境課題や社会課題など、世の中には様々な問題が渦巻いています。企業や消費者も、そうした問題と向き合い、より良い世界をつくるため、BOTANISTは「一歩踏み出す。自然と変わる。」をテーマに様々な社会の問題を提起するキャンペーンを行ってきました。
この度、具体的な一歩を踏み出すための、情報発信の場となるポータルサイト「FOR A SUSTAINABLE FUTURE 共に⽣きる未来のために、一歩踏み出す。」を開設します。
※ポータルサイトのURLは後日掲載いたします。
 
  • 咲くやこの花館との取り組み
今月、植物園・咲くやこの花館(大阪市鶴見区)とBOTANISTは、植物に触れるワークショップを実施しました。「植物と人のつながり」をテーマに、咲くやこの花館の久山名誉館長が、自然を守る大切さなどを伝えるとともに、BOTANISTの空ボトルに、植物の寄せ植えを行いました。当日は、大人から子どもまでたくさんの方々に、「植物と共に⽣きる」ことについて考えていただきました。

 




 
  • BOTANISTの森


北海道美幌町で「BOTANISTの森」づくりを開始しています。森林保全団体 more trees を通じて、伐採跡地に複数樹種を植林し、多様性のある森に戻すための活動において、ボタニカルシャンプー・トリートメントに採用している「ホワイトバーチウォーター」を採取できる白樺(シラカバ)などを、来月、植林する予定です。 また、BOTANISTの売上の一部は、植林保全活動の支援に活用させていただきます。

  • BOTANIST
BOTANIST=植物学者ボタニカルライフスタイルとは、植物の恵みを⽣活・ライフスタイルに取り入れること。モノに溢れ、目まぐるしく変化する現代において、よりシンプルで丁寧な⽣活、植物と共に⽣きる事が、本質的な豊かさに繋がると考え、ボタニカルライフスタイルブランド【BOTANIST】は⽣まれました。環境への取り組みとして「森林保全団体 more trees」を支援しています。
・公式サイト:https://botanistofficial.com/
・公式Instagram:https://www.instagram.com/botanist_official/
・公式Twitter:https://twitter.com/BOTANIST_01
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社I-ne >
  3. 【SDGs週間】植物と「共に⽣きる」未来のためにサスティナブルな一歩を踏み出す様々な取り組みをBOTANISTが実施