私たちにとって最大にしてもっとも深刻な悩みの1つ、コミュニケーション。「読解力」と「表現力」を鍛えてコミュニケーションの達人に!

『恥をかかない コミュマスター養成ドリル~失敗例5パターンに学ぶ会話とメールとSNS~』発売中

 会話、SNS、メールの5つの失敗パターンから学ぶ全50問! 本書はコミュニケーションの達人になるべく、「読解力」と「表現力」を鍛えてコミュマスターを養成するためのドリルです。
「大人力」を極めたコミュニケーションのマスターが、あなたの間違いを正します! 


【人と人とのつながりの大切さが見直されている今、「生き残る」のは、心地よくて正確なコミュニケーションが取れる「コミュマスター」である!】 と本書著者・石原壮一郎は語ります。
 
 月刊誌の編集者を経て『大人養成講座』でデビュー、数多くの著作や各種メディアで情報発信を行う著者が、これまでに蓄積したコミュニケーションの極意やノウハウをこの一冊に詰め込みました。
〈コミュマスターとは〉
 コミュニケーションというややこしい道具を使いこなし、その便利さや頼もしさや楽しさを最大限に引き出せる人のこと。

本書の内容
5つの失敗パターンをQ&A50問で明快解説
  1. 【言葉足らず】という迷宮~「もうひと言」「もうひと手間」が悲劇を防ぐ
  2. 【早トチリ】という悲喜劇~早トチリを憎んで、相手も自分も憎まず
  3. 【裏読み】という冒険~「いい裏」か「悪い裏」か、それが問題だ
  4. 【勘違い】という落とし穴~背を向けると、さらに凶暴に牙をむいてくる
  5. 【場の空気】という難物~吸い込んだうえで、あえて無視するもよし

 

 

 

 


例題1
Q:同僚のAから「明日、あの会社の打ち合わせに行ける?」
と聞かれた。行くのはOKだが、Aもいっしょに行くのか、1人で行くのかがわからない。さて、どうするか?
以下の選択肢から答えよ。

①同行を前提に「何時にどこで落ち合おうか?」と尋ねる。
②「えっと、2人で、それとも俺1人で?」と聞いてみる
③いっしょかどうかはどうでもいいので、とくに確かめない


例題2
Q:メールで得意先の担当者から、新しい企画が届いた。意味がつかみづらかったので、「もうちょっと詳しく書いてください」と返したら、次のメールに「言葉足らずで申し訳ありませんでした」というフレーズがあった。相手の本音に近いと思われるのは、次のうちどれ?

①「おいおい、ちゃんと読んでくれよ」
②「書き方がよくなかったのかな……」
③「メールでのコミュニケーションは難しいなぁ」

→答えと解説は本書で! 
50問やり遂げれば、あなたもきっとコミュマスターに!


■著者プロフィール
石原壮一郎(いしはら そういちろう)

 


コラムニスト。1963年三重県生まれ。 月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。以来、数多くの著作や各種メディアでの発信を通して、大人としてのコミュニケーションのあり方や、その重要性と素晴らしさと実践的な知恵を日本に根付かせている。おもな著書に『大人力検定』『大人の超ネットマナー講座』『昭和だョ!全員集合』『大人の言葉の選び方』『食べるパワースポット[伊勢うどん]全国制覇への道』など。故郷の名物を応援する「伊勢うどん大使」「松阪市ブランド大使」も務める。 





■新刊概要
タイトル:『恥をかかない コミュマスター養成ドリル~失敗例5パターンに学ぶ会話とメールとSNS~』
著者:石原壮一郎 
発売:2020年5月28日
定価:本体1400円+税
判型:A5判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-08498-1

購⼊リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594084982/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16316447/

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 
Mail:senden@fusosha.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. 私たちにとって最大にしてもっとも深刻な悩みの1つ、コミュニケーション。「読解力」と「表現力」を鍛えてコミュニケーションの達人に!