福島マリコ、岩田和浩、西島巧輔のユニット『イノチガケ』 広山詞葉を客演に迎え、第2回公演「命賭〜絶対だな?命かけるか?!」12月上演決定!カンフェティにてチケット発売

イノチガケVol.2『命賭~絶対だな?命かけるか?!』2021年12月22日(水)~12月26日(日)に小劇場 楽園(東京都世田谷区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて11月20日(土)より発売開始予定です。
カンフェティで11月20日(土)10:00よりチケット発売開始予定
https://www.confetti-web.com/

公式ホームページ
http://inochigake.jp


『イノチガケ』は俳優、福島マリコと岩田和浩、脚本家、演出家の西島巧輔の3人で2020年に結成。
2020年自殺志願者増加の世相を鑑みて自殺をテーマにしたイノチガケ第1回公演『命崖』を下北沢にて上演。
今回は自らが企画プロデュースし主演した映画「今夜新宿で、彼女は、」で数々の賞を受賞し、また近年では堤幸彦監督とタッグを組んで作品をつくり、女優以外にも活躍の場を広げている広山詞葉を客演に迎え、小劇場楽園にて3人芝居をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【STORY】
ある日、気がつけば誘拐監禁されてしまった私。先に待つのは自由か死か?その運命を決めるのは私自身の「命の価値」だった。イチかバチかここから抜け出すには…自分でその価値を下げるしかない!自由を求めてそれぞれの「命を賭けた」戦いが始まる…。

■脚本・演出:西島巧輔

西島巧輔西島巧輔

■出演:福島マリコ 岩田和浩(イノチガケ)/ 広山詞葉

 

 

 

(左から)福島マリコ 岩田和浩 広山詞葉(左から)福島マリコ 岩田和浩 広山詞葉


■期間:2021年12月22日(水)〜26日(日)
12月22日(水)19:00
12月23日(木)14:00/19:00
12月24日(金)19:00
12月25日(土)14:00/18:00
12月26日(日)14:00/18:00

■劇場:小劇場楽園 
(〒155-0031東京都世田谷区北沢2-10-18 藤和下北沢ハイタウンB棟地下1階 TEL:03-3466-0903)

<チケット>
◆発売日:2021年11月20日(土)10:00〜
◆一般:¥4,000(前売り・当日共/全席自由席/税込) ※未就学児入場不可

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆イノチガケとは?

俳優・岩田和浩、福島マリコと脚本家・演出家・イラストレーターの西島巧輔の3人で2020年に結成。
同年10月下北沢亭にて旗揚げ公演を実施。劇団『ふくふくや』では役者だけでなくプロデュサーも兼任する岩田和浩。小劇場から商業演劇まで幅広く出演している福島マリコ。作家、役者、クリエイターとマルチな活動で吉本新喜劇所属時から“笑い”を追求し続けてきた西島巧輔。
ジャンルの異なる3人が各々の特性を活かし、“今を生きるエネルギー”を表現している団体である。

・福島マリコ
数々の舞台作品に出演。中島淳彦が作・演出を手掛ける『プレオム劇』で主演を務めるなど、小劇場から商業演劇まで幅広く出演している。また、2016年にバッカーズアワード演劇奨励賞「女優賞」受賞。

・岩田和浩
下北沢を中心に活動している劇団ふくふくやではプロデュース業を兼任し、また【飲食店応援企画】と銘打ち
テイクアウトメニューを取り上げた動画コンテンツを製作するなど、役者だけでなく製作者としての顔を持つ。

・西島巧輔
2019年上方落語台本大賞入選、第5回インフルエンサー・アワード・ジャパン(FUNNY部門)グランプリ受賞。
脚本家、演出家だけでなく役者、イラストレーターとしても活躍。




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロングランプランニング株式会社 >
  3. 福島マリコ、岩田和浩、西島巧輔のユニット『イノチガケ』 広山詞葉を客演に迎え、第2回公演「命賭〜絶対だな?命かけるか?!」12月上演決定!カンフェティにてチケット発売