ゼビオ株式会社、熊本県スポーツ施設の改修費用に寄付

この度、平成28年(2016年)熊本地震により被害を受けられました皆様に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一刻も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

ゼビオ株式会社(本社:福島県郡山市 代表取締役社長:加藤智治)は2016年4月14日に発生した熊本地震の被災地支援として、大型スポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」にて実施している『絶対に負けられないミサンガプロジェクト』の収益の一部を熊本県のスポーツ施設の改修費用として寄付させて頂くこととなりました。寄付金の贈呈は熊本県庁にて2017年3月16日(木)に行わせていただきます。

ゼビオ株式会社の運営するスーパースポーツゼビオは全国で約170店舗、熊本県内では 3店舗を運営しております。地震発生直後から営業を休止しておりましたが、震災から約3ヵ月後の2016年7月8日には県内3店舗全てを営業再開することが出来ました。

一方で震災から11ヶ月が経過した今も、熊本県のスポーツ施設は復旧途中であり、熊本県内の子供たちが1日でも早く以前のようにスポーツをすることが出来るよう、スポーツ施設の改修費用として寄付を申し出させていただきました。
今後も地域に根差したネットワークを活かし、復興、地域支援活動を継続して参ります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゼビオグループ >
  3. ゼビオ株式会社、熊本県スポーツ施設の改修費用に寄付