【FC東京】FC東京ホームゲームにおけるカーボン・オフセットの実施について

2021年11月3日(水祝)に味の素スタジアムでFC東京が開催する2021明治安田生命J1リーグ 第34節 vs清水エスパルス戦において排出されるすべてのCO2(30t※2)を、東京ガス株式会社と株式会社ヒナタオエナジーが「J-クレジット制度※3」を活用して、カーボン・オフセットを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
□実施内容
東京ガスとヒナタオエナジーが、J-クレジット制度を活用することで、FC東京が味の素スタジアムで11月3日(水祝)に開催する2021明治安田生命J1リーグ第34節vs清水エスパルス戦において排出されるすべてのCO2をオフセットします。

□東京ガスとヒナタオエナジーおよびFC東京の環境活動に関する取り組みについて
東京ガスは、環境貢献を目的に、社内外のイベントや FC東京のホームゲームにおいて、「J-クレジット制度」を活用しています。
ヒナタオエナジーは、太陽光エネルギーサービスを通じてビルやマンションなどにも導入しやすい再生可能エネルギーをご提供し、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを進めています。なお、「J-クレジット制度」の活用は初となります。
また、FC東京は、試合会場で回収したペットボトルのリサイクル活動「ECOパスプロジェクトin味スタ」や、試合運営時のリユースカップ使用およびビジネススタッフにおけるマイ箸持参など、環境貢献に取り組んできました。
3社は、今後もCO2削減を始めとする環境負荷を低減する取り組みを通じて、地域や地球の環境問題の改善に積極的に貢献してまいります。



※1 カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。

※2 FC東京の開催するホームゲームでは、スタジアムにおける試合運営、来場者・選手・スタッフの交通移動におけるエネルギー消費によってCO2が排出されます。一回のホームゲームで約30tのCO2が排出されると想定しており、これは、スギの木約2000本分が1年間に吸収するCO2量に相当します。

※3 J-クレジット制度とは、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組みによる、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。本制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用できます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FC東京 >
  3. 【FC東京】FC東京ホームゲームにおけるカーボン・オフセットの実施について