格差社会、お金の増やし方は“成金”に学べ! 『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』新発売!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研パブリッシング(東京・品川/代表取締役社長:中村雅夫)は、書籍『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』(午堂登紀雄・著/定価:本体1300円+消費税/四六判・本文252ページ)を発売いたしました。
本書の著者・午堂登紀雄氏は、貯金70万円のサラリーマン時代に一念発起、戦略的にお金を増やして33歳で資産3億円を築いた米国公認会計士です。これからの時代、サラリーマンの給料は満足に上がらず、一生懸命働いても豊かになれるとは限りません。そんな厳しい格差社会で、お金を増やす方法とは一体何でしょうか?

午堂氏はその秘訣を「なんとなく」をやめることだと言います。なんとなく、いつもの銀行に貯金する、なんとなく、いつものカードで支払いする…。それではビジネスの仕組みをつくった「賢い人たち」の思うツボです。

そこで本書では、格差社会をたくましく生き抜く「お金が増える思考法」を、“成金”と呼ばれるお金持ちの行動から学びます。一代で莫大な財産を築いたお金持ち、つまり“成金”は、常識も、見栄も、我慢も捨て去った人々。その行動は、一見すると、お金持ちらしくない意外なことばかりです。「貯金しない」「ダイヤの指輪よりゴールドの指輪」「キョロキョロしながら街を歩く」「“マイ水筒”を持ち歩く」「お金は”月一”でまとめておろす」などなど――。いったいなぜ、これでお金が増えるのか? その答えが本書に記されています。

決して“なんとなく”行動を起こさない。思考停止にならず、情報を鵜呑みにせず、よくよく考えてお金とつきあう。そして、小さなお金も、大きなお金も、貪欲にかき集めて自分のものにする……。きれいごとではすまされない「ハングリーな稼ぎ方」が満載の本書を読めば、お金の増やし方はもちろん、こんな時代にたくましく生きていくための勇気ももらえずはずです。
 

 

(定価:本体1300円+消費税/四六判・252ページ)


■無料版も同時配信中! 本編に入りきらなかったマル秘エピソード満載!
詳細は特設サイトへ http://ebook.gakken.jp/okane/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 格差社会、お金の増やし方は“成金”に学べ! 『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』新発売!