前代未聞の“愚痴”症例集『人間愚痴大全』が10/21(木)発売! なぜか勇気が出てくる、不平不満の150篇!

教科書にも、名言集にも載っていない! あの有名人たちがこぼした本音とは?

株式会社小学館集英社プロダクション(東京都千代田区神保町/代表取締役:都築伸一郎)は、福田智弘氏の新著『人間愚痴大全』を10月21日(木)に発売しました。


■不思議と勇気が出てくる、人類の「愚痴」症例集
愚痴をこぼすのは、やっぱりよくない……?
天才と呼ばれる作家に芸術家、世界を変えた政治家に勇猛な武将まで、
歴史に名を残す人物たちも、実は「愚痴」をこぼしながら生きていました。
歴史・文学研究家の福田智弘氏が膨大な資料から、記録として残る不平不満を調査。
夏目漱石から豊臣秀吉、渋沢栄一にナイチンゲールまで、
彼らが言わずにおれなかった本音150篇を収録しています。


■異性関係、お金、才能……、悩みは現代人と同じ
本書の魅力は、その人物の偉業やイメージとはまったく異なる本音とリアルな人物像が見えること。
たとえば、
「今日も飯はうまくない」(正岡子規)
「俺は、棄てられたのだ!」(中原中也)
「しみじみ嫌になる」(菊池寛)
「ドモナラヌ」(岩倉具視)

愚痴の言葉だけでなく、その言葉が出るまでの経緯や当時の生活事情など、
教科書には決して載らない知られざる背景を1篇のストーリーとして紹介。


愚痴の内容は、女性への未練にはじまり、お金の無心や仕事の焦り、
家族への恨みや健康の心配など、現代人と変わらない、大小さまざまな不平不満です。
あの有名人の、笑えるほどに情けない姿の数々。
読むほどに勇気がわいてくる、どん底に見る人生エンタテイメント書です。

 


■自分の年齢で、あの人は何をグチったのか
本書は、20代から60代まで、その愚痴をこぼした当時の年齢順に構成。
カエサルも、夏目漱石も、30歳前後で
「俺はまだなにもしていない。人生、これでよいのか」と悩み、
40代になると、白髪頭を気にする人が多くなるなど、
自分の年齢の時、どんな人が何に悩んでいたのか、不満を持っていたのか、
わかりやすく読むことができます。


【著者プロフィール】
福田智弘(ふくだ・ともひろ)
1965年埼玉県生まれ。東京都立大学卒。歴史、文学関連を中心に執筆活動を行っている。おもな著書に『ビジネスに使える「文学の言葉」』(ダイヤモンド社)、『世界が驚いたニッポンの芸術 浮世絵の謎』(実業之日本社)、『よくわかる! 江戸時代の暮らし』(辰巳出版)、『深夜薬局』(小学館集英社プロダクション)などがある。

【商品情報】
著者:福田智弘
定価:2,200円(10%税込)
仕様:A5判・並製・328頁・本文1色
発売日:2021年10月21日(木)頃
ISBN:978-4-7968-7860-9
発売元:小学館集英社プロダクション
商品URL:https://books.shopro.co.jp/?contents=9784796878609
https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%96%93%E6%84%9A%E7%97%B4%E5%A4%A7%E5%85%A8-%E7%A6%8F%E7%94%B0-%E6%99%BA%E5%BC%98/dp/4796878602/ref=sr_1_8?dchild=1&qid=1632798668&s=books&sr=1-8

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館集英社プロダクション(ShoPro) >
  3. 前代未聞の“愚痴”症例集『人間愚痴大全』が10/21(木)発売! なぜか勇気が出てくる、不平不満の150篇!