台湾のOPPO製スマートフォン販売代理店に対する特許侵害訴訟の提起について

  シャープは、台湾において販売されているGuangdong OPPO Mobile Telecommunications Corp., Ltd(以下OPPO、本社:中華人民共和国広東省)製スマートフォンが、当社のLTE関連特許1件を侵害していると判断し、2020年4月1日、 OPPO製スマートフォンを台湾にて販売する販売代理店1社に対し、台湾知的財産法院に特許侵害に基づく損害賠償請求訴訟の提起を行いました。
  当社では、保有する知的財産権を重要な経営資源と位置付けております。通信技術の分野において、当社は世界50か国以上で合計6000件以上の通信規格特許を保有しております。今後も当社の知的財産権が侵害されていると判断した場合は、常に厳正に対処していく所存です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
   ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
  https://corporate.jp.sharp/news/200407-a.html
 
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. 台湾のOPPO製スマートフォン販売代理店に対する特許侵害訴訟の提起について