定額制音楽ストリーミングサービス「AWA」、サービス開始4周年 4年間の歴史をひもとく『数字で見るAWA』を発表

2019年5月27日

各 位
AWA株式会社
代表取締役社長 小野哲太郎

AWA株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野哲太郎)が運営する、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、サービス提供開始から4周年を迎えることを記念し、2019年5月27日(月)に、「AWA」の4年間の歴史をひもとく『数字で見るAWA』を発表いたしました(※1)。

4年間のAWA基本データ

2015年5月のサービス開始から4年を経て、配信楽曲数は5,500万曲以上、著名人およびユーザーのプレイリスト数は約1,100万におよび、累計ダウンロード数は1,800万を突破しています。ユーザーひとりあたりの1日の平均再生時間は約80分となっており、これまで4年間の楽曲総再生回数は100億回を超えています。また、ユーザーが「AWA」を通して好きな音楽と出会った回数は1,1億以上で、ユーザーが音楽との「出会い」と「再会」を楽しめるよう、より良いユーザー体験を追求してまいりました。

配信楽曲世界分布

「AWA」では世界中の音楽5,500万曲以上を配信しています。現在配信している楽曲を作られた国ごとに分布してみると、アメリカ合衆国が最も多く、1,600万曲を超えています。アメリカは、R&Bやヒップホップをはじめ、あらゆるジャンル・音楽が誕生した音楽大国です。2018年の世界音楽市場売上においても1位を記録(※2)、世界の音楽シーンを牽引しています。次いでイギリスが約700万曲、ドイツが約570万曲と上位を占めています。イギリスは、アメリカのロックンロールにオリジナリティを加えた、英国独特の「UKロック」を作り上げました。世界を代表する人気アーティストThe Rolling Stonesや、THE BEATLESなど、「UKロック」として世界中で愛されています。ドイツは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハをはじめとして、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、ヨハネス・ブラームスなど、世界的に有名な作曲家を数多く輩出した世界最大のクラシック音楽大国となっています。またオランダは、シンセサイザーなどの電子音を用いたEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が幅広い年齢層の国民の間で浸透しており、TiestoやHardwell、Afrojackなど数々の世界的人気DJの出身国です。日本は約120万曲で上位8位となっていますが、2018年の世界音楽市場売上では2位を記録(※2)、アメリカに次ぐ音楽大国となっています。「AWA」では、世界中の様々な楽曲を楽しんでいただけるよう、今後も配信拡充に努めてまいります。

プレイリストについて

4年間で「AWA」で作られたプレイリストは累計1,100万以上にのぼり、1日平均8,000以上のプレイリストが作られています。2019年1月に提供開始した、自分の作ったプレイリストに自由な言葉でタグをつけることができる「タグ機能」により、これまで3.3万以上のタグがプレイリストにつけられています。アーティスト名やジャンル名のタグのほか、「#テンションが上がる」「#作詞家天才」「#男子に歌ってもらいたい曲」「#令和はこれっしょ」など、ユーザーの感性があらゆるキーワードで自由に表現されています。また、4年間でユーザーが作ったプレイリストへ採用された楽曲TOP3には、1位Ariana Grande「Break Free feat. Zedd」、2位三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I」、3位にWiz Khalifa「See You Again (feat. Charlie Puth)」がランクインしています。元来、プレイリストは自分の好みの音楽を自分で聴く用にまとめるといったパーソナルなものでしたが、「AWA」で作られるプレイリストは、上記に加え、自分以外のユーザーからも共感を生むような、“誰かに聴いてもらう”という軸で作られたプレイリストも多く、プレイリストを通して新たな音楽との出会いが生まれています。

■4年間のアーティストへの還元額

「AWA」では、アーティストに収益を還元することで、アーティストが継続的により良い活動を行えるよう支援しています。アーティストや作詞家、作曲家などの権利保有者への還元総金額は、サービス提供開始から4年間で約60億円を超えています。この数十年の間に、CDやMD、ダウンロード購入や無料動画配信サイト、そして定額制音楽ストリーミングサービスなど、ユーザーの音楽の聴き方は多様化してきました。一方で、違法アプリや違法ダウンロードサイトにより、今もなお権利保有者へ収益が支払われないという問題があります。今後も「AWA」では収益分配の透明性を図るとともに、日本の音楽業界全体の活性化に努めてまいります。

※1 集計期間:2015年5月27日~2019年5月17日
※2 IFPI(国際レコード連盟)調べ 「Global Music Report 2019」

■アプリ概要
「AWA(アワ)」は、サイバーエージェントとエイベックス・デジタル株式会社の共同出資によるAWA株式会社が提供する、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスです。2015年5月にサービスの提供を開始し、配信楽曲数は5,500万曲、著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1,000万件におよびます。2016年11月には、「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「Freeプラン」を発表。楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる新機能「ハイライト再生」も追加し、累計ダウンロード数は1,800万ダウンロードを突破いたしました(2019年1月2日時点)。また、2017年12月に発表された、Google Play発表「ベスト オブ 2017」日本版にて、アプリの中で頂点となる「2017年 ベストアプリ」を受賞。2018年11月には、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と、音楽事業において業務提携いたしました。「AWA」は名実ともに国内最大規模の音楽ストリーミングサービスへと成長しています。

名称:「AWA(アワ)」 https://awa.fm/
推奨環境:<スマートフォン版>iOS 10.0以降、Android 6.0以降
<PC版>Windows 7, 8, 8.1, 10 (32/64bit)、Mac OS X 10.9 Mavericks以上
<埋め込みプレイヤー> Google Chrome (最新版)、Microsoft Edge (最新版)、
Safari (最新版), Internet Explorer 11以降
価格:STANDARDプラン(月額 税込960円)/ARTIST プラン(月額 税込 270円) / FREEプラン(月額 無料)
提供開始:2015年5月27日

■URL
AWA:https://awa.fm/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/awa-music/id980578855
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=fm.awa.liverpool
デスクトップ版アプリ:https://awa.fm/download/
AWA最新情報:https://news.awa.fm/
AWA公式Twitter:https://twitter.com/awa_official?lang=ja

■会社概要
社名:AWA株式会社(読み:アワ)
所在地:東京都港区南青山三丁目1番30号エイベックスビル 
代表者:代表取締役社長 小野 哲太郎
事業内容:音楽ストリーミングサービス 等
設立日:2014年12月1日

■お問い合わせ先
AWA広報担当 press@awa.fm
 
  1. プレスリリース >
  2. AWA株式会社 >
  3. 定額制音楽ストリーミングサービス「AWA」、サービス開始4周年 4年間の歴史をひもとく『数字で見るAWA』を発表