南町田グランベリーパーク「LEED NC(新築部門)」「LEED ND(まちづくり部門)」で駅施設を含む開発では国内初のゴールド認証を取得!

二子玉川ライズに続く国内2番目のゴールド認証取得

 町田市、東急株式会社、東急電鉄株式会社は、2019年11月にまちびらきを迎えた「南町田グランベリーパーク」のうち約15haの区域(以下、「申請エリア」)を対象として、国際的な環境認証制度LEED®(Leadership in Energy and Environmental Design)の取得に取り組み、2019年1月の「LEED ND(まちづくり部門)」ゴールド予備認証の取得に続き、駅舎部分については本年6月22日に「LEED NC(新築部門)」のゴールド認証を、申請エリアについては7月22日に「LEED ND(まちづくり部門)」のゴールド認証を取得しました。
 駅舎建築物としてのゴールド認証の取得、駅舎を含む開発エリアのゴールド認証の取得ともに、国内初です。
今回、「LEED NC」では、まちの高揚感を感じられる開放的な駅舎を実現しながら、効率的な雨水の再利用を図った点や照明計画においてエネルギー効率化を図った点が評価されました。
 「LEED ND」では、シームレスなまちの構造や、エリア全体で取り組んだグリーンインフラを生かしたランドスケープデザインが評価されました。
 「南町田グランベリーパーク」は、田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」(2019年10月1日に「南町田駅」から改称)南側に広がる鶴間公園と、2017年2月に閉館したグランベリーモール跡地を中心とする約22haのエリアで、官民が連携し、都市基盤・商業施設・都市公園・駅などを一体的に再整備・再構築し、自然と賑わいが融合したパークライフを満喫できる「新しい暮らしの拠点」を創り出していくまちづくりプロジェクトが進行しています。

それぞれの主な評価ポイントは以下のとおりです。
▼LEED NCの主な評価ポイント
  • 旅客トイレ洗浄水への雨水再利用や大容量の雨水貯留槽設置による雨水排水計画
  • LED照明導入による省エネルギーの取り組み
  • 建設時の廃材リサイクル率約70%達成
▼LEED NDの主な評価ポイント
  • 歩行者ネットワークの整備による、自然と賑わいを感じながら回遊できるウォーカブルなまちづくり 
  • グリーンインフラを生かしたラン
  • ドスケープデザイン
▼LEED NCを取得した「南町田グランベリーパーク駅」

▼シームレスにまちをつなぐパークライフ・サイト通路

※米国グリーンビルディング協会(USGBC)が提供するLEED®は,高性能のグリーンビルディングの設計,建設,維持管理に貢献する評価・認証プログラムです。LEED®およびそのロゴはUSGBCの登録商標であり,使用には許可が必要です。

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 南町田グランベリーパーク「LEED NC(新築部門)」「LEED ND(まちづくり部門)」で駅施設を含む開発では国内初のゴールド認証を取得!