フューチャーインスペース、セキュリティ領域のコンサルティングサービスを初受注

フューチャーグループのシステム・セキュリティ運用ノウハウをもとに実効性のある改善策を提案

フューチャーインスペース株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江幡剛、以下フューチャーインスペース)は、同社では初となるセキュリティ領域のコンサルティングサービスを、商業施設等のデザイン・設計・施工を手掛ける株式会社スペース(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐々木靖浩、以下スペース)より受注し、2021年5月からサービスの提供を開始しました。

フューチャーインスペースは、フューチャー株式会社のグループ企業として長年、運用・保守サービスを強みにノウハウを蓄積してきました。今回提供するのは、現行システムのセキュリティ対策の強化と運用改善を目的としたセキュリティコンサルティングサービスです。システムの構成に基づいて危険性を認識し、セキュリティ対策を評価するシステムリスクアセスメントを実施し、ISMS(ISO/IEC27001)の考えに基づいた情報セキュリティに関する規程やルールの整備状況をはじめ、システム部門での運用が正常になされているのかを幅広く評価します。また、専門のコンサルタントが組織、業務、システムにおけるリスクを「人」「組織」「物理」「技術」の4つの軸で整理し、規定、ルール、運用の改善策を現場に浸透・定着させるためのサポートを行います。

コロナ禍により多くの企業がクラウドサービスの活用やテレワークを推進するなか、サイバー攻撃やランサムウェア被害、不正アクセスを起因とする情報漏洩などが増え、情報セキュリティ対策は重要な経営課題のひとつになっています。フューチャーグループは、これまで銀行や証券など品質要求の高い金融機関をはじめ様々な業種業態のお客様にセキュリティコンサルティングサービスを提供してきました。こうしたグループでの実績を背景に、フューチャーインスペースはお客様とともに業務とシステムの両面であるべき姿を追求し、アセスメントからセキュリティ方針の策定、仕組みの改善、実効力のあるセキュリティ運用をトータルでデザインし、長期的に支援していきます。

 

■システム・セキュリティ評価コンサルティングの特長

① システムリスクアセスメント
「第三者からの攻撃」等のリスクを想定し、システム面のセキュリティ対策を評価。現行システムの構成に基づき脆弱性を洗い出し、課題に対する改善策を策定。
② セキュリティ総点検
ISMS(ISO/IEC27001)の考えに基づき、情報セキュリティに関する規程やルールの整備状況からシステム部門での運用まで幅広く評価。社内外の脅威から情報資産を守るためのマネジメントシステムの構築を目指し、規定、ルール、運用の改善策を策定。
③グループで蓄積したセキュリティ運用のノウハウを提供
フューチャーインスペースにおけるシステム保守・運用の実績とフューチャーグループのセキュリティ運用ノウハウをベースに本サービスを提供。

 

■フューチャーインスペース株式会社 概要

代表者:代表取締役社長 江幡 剛
設立:2001年10月1日
事業内容:システムインテグレーションサービス、システムアウトソーシングサービス、ITコンサルティングサービスの提供
URL:http://www.inspace.co.jp

   

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャー株式会社 >
  3. フューチャーインスペース、セキュリティ領域のコンサルティングサービスを初受注