「楽天市場 2016年 ヒット商品番付」を発表

~ ネットショッピングから見る2016年のヒット商品と2017年のトレンド予測 ~

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、「楽天市場」における膨大な購買データをもとに、「楽天市場 2016年 ヒット商品番付」を選出しましたので、お知らせします。

2016年:SNS浸透で「#インスタ映え消費」や「ハイブリッド〇〇」が横綱に
2017年:NEXTハロウィン!? 「春ヌーボー」等 新たな季節イベントに注目
http://ranking.rakuten.co.jp/yearly/banduke/

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、「楽天市場」における膨大な購買データをもとに、「楽天市場 2016年 ヒット商品番付」を選出しましたので、お知らせします。

 

 「楽天市場 2016年 ヒット商品番付」の詳細については、以下のとおりです。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       ■□ 楽天市場 2016年 ヒット商品番付 □■
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
        東                   西
横綱      #インスタ映え消費            ハイブリッド〇〇
大関        大人ペアコーデ               “地産全照" 本格化
関脇        90年代リバイバル          カジュアルキャンピング
小結   進化形アニマルファッション            ロックスター追悼消費
前頭    スーパーフード 温故知新           デザイン防災グッズ

 

期待株       "Road to 2020“                                 広がるエシカル消費

     日本カルチャー最注目             
期待株       "春ヌーボー"など            ECロングセラー
     新たなシーズナルイベント

 

▼総括 「楽天市場 2016年 ヒット商品番付」の特徴  

 2016年は、インスタグラムで写真映えする商品を買い求める「#インスタ映え消費」や、既存のモノを掛け合わせて作った「ハイブリッド〇〇」、メディアやタレントから人気に火が付いた「大人ペアコーデ」「90年代リバイバル」、さらに「カジュアルキャンプ」「進化系アニマルファッション」など、ファッションやライフスタイルに関わるキーワードが上位を占めました。SNSの浸透による「ステキな自分を周りに認めてもらいたい」という欲求の高まりが、その背景にあると言えるでしょう。また、昨年ランクインした「コダワリ系油ブーム」や「ミラクルシード」を引き継ぐキーワードとして「スーパーフード 温故知新」が登場しました。健康系アイテムの人気はまだまだ健在です。日本全国の"ご当地商品"を数多く取り扱ってきた楽天市場らしい特徴として、「"地産全照" (注)本格化」というキーワードもランクイン。都市生活者の間に「地方ならではの価値」が定着しつつあるようです。

 

 2017年のヒット商品予測である「期待株」としては、2020年の世界的なスポーツイベントを機に注目が集まる「日本文化」関連商品のほか、「春ヌーボー」など「新しいシーズナルイベントの誕生」、また「エシカル消費の広がり」などが期待されます。

 

(注)地産全照とは
地方の名産品が、スポットライトで照らされているように全国から注目されているという意味の造語です。

 

「楽天市場 2016年 ヒット商品番付」
URL: http://ranking.rakuten.co.jp/yearly/banduke/

「2016年 楽天市場年間ランキング」
URL: http://ranking.rakuten.co.jp/yearly/

▼楽天市場 2016年 ヒット商品番付の特徴
 「楽天市場」では、食品や日用品、家電、ファッションなど、多岐にわたる商品2億点以上を取り揃えています。楽天では、毎年、この膨大な購買データをもとに、今年の世の中の消費動向や世の中の情勢を振り返り、東西の横綱、大関、関脇、小結、前頭として計10個のキーワードを、さらに期待株として計4個のキーワードを、番付形式で発表しています。

                                                 
                                                 以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 「楽天市場 2016年 ヒット商品番付」を発表