プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

SDKI Inc.
会社概要

COVID-19影響分析によるダークファイバー市場ータイプ別(シングルモードファイバー、マルチモードファイバー)、ネットワークタイプ別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.

SDKI Inc.が「COVID-19影響分析によるダークファイバー市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年05月28日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-114055

ダークファイバー市場は、2022年に5.7億米ドルの市場価値から、2030年までに約13億米ドルに達すると推定され、予測期間中に11.0%のCAGRで成長すると予想されています。5Gネットワ​​ークの需要の高まり、およびインターネット帯域幅の需要の増加は、ダークファイバー市場の成長を推進する要因です。

COVID-19の蔓延は、ダークファイバーのバリューチェーンで活動しているプレーヤーに大きな影響を与えました。ISPおよび電気通信業界における5Gネットワ​​ークの展開の増加は、ダークファイバー市場の成長を促進する重要な要因の1つです。しかし、COVID-19の蔓延を抑えるためにさまざまな政府によって課された封鎖により、ダークファイバーの展開が世界中で大幅に減少したため、ダークファイバー市場の成長に影響を与えました。さらに、これらの封鎖は、各国のGDPと世界中の個人の一人当たりの所得にも影響を及ぼしています。

市場セグメント

ダークファイバー市場は、タイプ別(シングルモードファイバー、マルチモードファイバー)、ネットワークタイプ別(メトロ、長距離)、エンドユーザー別(インターナートサービスプロバイダーおよび電気通信業界)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、シングルモードファイバーセグメントは、ダークファイバー市場の主要なシェアを占めました。

タイプに基づいて、シングルモードファイバーセグメントは2021年にマルチモードファイバーセグメントと比較してダークファイバー市場の大きなシェアを保持すると推定されており、このセグメントは予測期間中もこの市場シェアを保持します。シングルモードファイバは、マルチチャンネルテレビ放送システムや長距離電話などの長距離伝送に最適です。この要因は、セグメントの成長に貢献すると予想されます。

インターネットサービスプロバイダー(ISP)と電気通信業界セグメントが2022ー2030年の間に最大なCAGRを登録すると予想されます。

業種に基づいて、インターネットサービスプロバイダー(ISP)と電気通信業界セグメントは、予測期間中にダークファイバー市場をリードすると予測されています。このセグメントの成長は、クラウドストレージの継続的な採用の増加、および機械学習、人工知能、ディープラーニングの分野での技術開発の増加に起因する可能性があります。これにより、ネットワーク全体のデータトラフィックが増加しており、効率的なデータ通信とともに高データ伝送に対する大きな需要が生まれます。Google, Amazon, Microsoftなどの主要なクラウドサービスプロバイダーは、インターネットトラフィックを提供するためにダークファイバーを実装しています。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、2021年にダークファイバー市場全体の最大のシェアを占めると推定されています。北米の市場成長は、AT&T Intellectual Property、GTT Communications、Inc.、ConsolidatedCommunicationsなどの主要なダークファイバーエコシステムプレーヤーがこの地域に存在することに起因する可能性があります。これらのプレーヤーは、ダークファイバー市場全体で大きなシェアを保持しており、それによってこの地域の市場成長に大きく貢献しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
市場の主要なキープレーヤー

ダークファイバー市場の主要なキープレーヤーには、AT&T Intellectual Property(米国)、Colt Technology Services Group Limited(英国)、Comcast Corporation(米国)、Consolidated Communications(米国)、GTT Communications、Inc.(米国)、CenturyLink、Inc.(米国)、NTT Communications Corporation(日本)、Verizon Communications、Inc.(米国)、Windstream Communications(米国)、Zayo Group、LLC(米国)などがあります。この調査には、ダークファイバー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/dark-fiber-market/114055

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

SDKI Inc.

21フォロワー

RSS
URL
https://www.sdki.jp
業種
サービス業
本社所在地
600 S Tyler St, Suite 2100 #140 Amarillo, TX, 79101 日本オフィス : 150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー5階
電話番号
50-5050-9337
代表者名
Furukawa Isao
上場
未上場
資本金
-
設立
2016年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード