会計freeeの経費精算機能と外部サービス連携をより便利に経費精算Webhookとファイルボックス証憑ファイルダウンロードAPIをリリース

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)の経費精算Webhookとファイルボックスの証憑ファイルダウンロードAPIをリリースしました。経費精算Webhookのリリースにより、会計freeeで経費精算の「申請・承認・却下・差し戻し」の操作が行われた際に、それらの動作を会計freeeと連携した外部サービスに通知することができます。また、ファイルボックスの証憑ファイルダウンロードAPIと合わせて利用することで、経費精算などに添付された証憑の参照や確認も外部サービス上で行うことが可能となります。

■経費精算WebhookとファイルボックスAPIでできること
Webhookとは複数のWebサービスを連携するための仕組みです。経費精算Webhookを利用することで、会計freeeで経費精算の「申請・承認・却下・差し戻し」の操作が行われた際に、それらの動作を会計freeeと連携した外部サービスに通知することができます。加えて、freeeからの通知をきっかけにfreeeのデータをAPI経由で参照しに行くといったリアクションをとることでAPIコールを効率よく行うことができます。

また、今回リリースされたファイルボックスの証憑ファイルダウンロードAPIを合わせて利用することで、経費精算などワークフローに添付された証憑の参照や確認も外部サービス上で行うことが可能です。

■今回追加されたAPI
経費精算Webhook

ファイルボックスAPI

■ご利用可能なプラン
経費精算Webhookは、経費精算機能を提供している以下の会計freeeのプランでご利用可能です。
個人:プレミアムプラン
法人:ベーシックプラン
法人:プロフェッショナルプラン
法人:エンタープライズプラン
ファイルボックスAPIは、会計freeeの全プランでご利用可能です。

■経費精算Webhook、ファイルボックスAPIの詳細
「会計Webhook」
URL:https://developer.freee.co.jp/docs/accounting/webhook

「会計freee APIリファレンス」
URL:https://developer.freee.co.jp/docs/accounting/reference

「freee Developers Community」
URL: https://developer.freee.co.jp/

■「freeeアプリアワード2020」応募受付中

freeeではスモールビジネスの「困った」を解決し、スモールビジネスの現場に笑顔を届けるため皆さまからのアプリを募集しています。
「会計freee」「人事労務freee」「freee受発注サービスβ版」などのAPIを活用したアプリの応募を受け付けており、今回アップデートされた経費精算WebhookやファイルボックスAPIを活用したアプリも対象となりますので奮ってご応募ください。

テーマは「求む!みんなの「困った」を解決するアプリ」
「参加登録」フォーム(URL:https://www.freee.co.jp/event/app-award-2020/)から、情報を入力してください。グループ・法人でのご参加の場合、代表者の情報をご記入ください。
作品応募締め切り日(11月18日)までに、開発したアプリをご提出ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. 会計freeeの経費精算機能と外部サービス連携をより便利に経費精算Webhookとファイルボックス証憑ファイルダウンロードAPIをリリース