オフィス受付システム「Smart at reception」に検温オプションが追加

~JCV社「SenseThunder-Mini」との連携で来訪者の検温管理が可能に~

SBT
SBテクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市)の子会社、M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:植草 学)は、クラウド型iPad受付システム「Smart at reception」のバージョンアップを行い、日本コンピュータビジョン株式会社(以下JCV社)の検温システム「SenseThunder-Mini」との連携を実装し、7月9日より提供を開始します。これにより来訪者の社名・名前・顔写真とともに検温結果の管理が可能となります。
■背景
新型コロナウイルスの感染対策として、テレワークを導入する企業が増える中、出社・対面での業務を余儀なくされる企業や職種も多く存在しています。またオフィスへの来訪者の数は減っているものの、宅配業者などの来訪は避けられず、人との接触を完全になくすことは難しい状況です。

 M-SOLUTIONSの提供する「Smart at reception」は、あらかじめ発行されたQRコードをかざすだけで来訪者の受付ができるクラウド型無人受付システムです。これまで実現できていた受付の無人化に加え、今回のアップデートで検温システムとの連携を実装したことで、一定体温を上回る来訪者と担当者との対面を抑止することが可能となります。


検温結果が設定値設定値を上回っていた場合、再検温が促されます。その後、再検温結果が規定値を超えた場合は、来訪者へメッセージを表示します。「担当者への連絡を促す」「専用窓口への連絡を促す」など企業それぞれの運用に合わせた内容で画面を設定することが可能となります。

また検温結果は来訪者の来訪日時や社名、名前、顔写真とともに記録されるため、関係者間で陽性者が出た場合、濃厚接触者の判断をする際などに活用することが可能です。「Smart at reception」の検温システム連携を利用することで、アフターコロナのニューノーマルを見据えたオフィス受付を実現することが可能です。

■Smart at receptionオプション価格
無償
※JCV社のSenseThunder-Miniを別途ご導入いただくことが前提となります。
 Smart at receptionとSenseThunder-Miniはクラウド上で個体の紐付けを行うため、お客様側での設定は不要です。

■Smart at receptionの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/reception/


■サービスについてのお問い合わせ先
M-SOLUTIONS株式会社 営業部(岸田、馬渡)
TEL: 03-6892-3166 / Email: msol_sales@m-sol.co.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. オフィス受付システム「Smart at reception」に検温オプションが追加