くりっく株365「NASDAQ-100リセット付証拠金取引」の取扱い開始について

 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「SBI証券」)は、2022年2月28日(月)に株式会社東京金融取引所(代表取締役社長:木下信行、以下「TFX」)に上場が予定されている、「くりっく株365」(取引所株価指数証拠金取引)の新商品「NASDAQ-100リセット付証拠金取引」を取り扱うこととしましたので、お知らせします。
 「NASDAQ-100」(ナスダック‐100)は、米国NASDAQ(ナスダック)市場の主要な企業の株式で構成される、米国を代表する株価指数として日本の個人投資家にも人気があり、注目を集めています。本商品の上場により、「NASDAQ-100」を為替リスクなく、少額から、ほぼ24時間、日本の祝日も取引することが可能となります。
 
 「くりっく株365」では、日経平均株価(日経225)やNYダウなどの国内外の代表的な株価指数、金や原油などのコモディティ関連商品のETFに投資が可能であり、このたびの「NASDAQ-100リセット付証拠金取引」の上場により商品ラインナップがさらに拡充します。当社は今後も、「業界最低水準の手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力的な商品・サービスを拡充し、個人投資家のみなさまの資産形成を支援していきます。

■NASDAQ-100リセット付証拠金取引の特徴
① NASDAQ-100を円価格で取引可能
最初から円建ての商品設計になっているため、為替手数料や為替レートを気にすることなく取引ができ、わかりやすい商品性です。

② 取引単位は10倍でミニサイズ
1枚の取引単位は、「NASDAQ-100の価格×10円」と取引サイズが小さく少額から取引が可能です。

③ ほぼ24時間、祝日も取引が可能
月曜日から金曜日の8:30~翌朝6:00までほぼ24時間取引できます。また、平日だけでなく、日本の祝日も取引が可能です。
※ 米国NY州での夏時間適用期間の取引時間は、8:30~翌朝5:00です。
※ 土曜日、日曜日、米国におけるNASDAQ-100を対象とする先物市場の休場日は、休業日となります。

④ 「売り」からの取引も可能
売りからも取引ができるので、ヘッジ取引など相場の下落局面でも利益を狙うことができます。

⑤ 現物株と同じように配当の受け取りが可能
「買い」ポジションを保有している場合、現物株と同じように配当相当額を受け取ることができ、「売り」ポジションを保有している場合は、金利相当額を受け取ることができます。
※「売り」ポジションで配当相当額の支払い、「買い」ポジションで金利相当額の支払いとなります。

⑥ 少額の資金で取引が可能
預けた証拠金を担保にレバレッジを利かせて効率よく取引できます。
※レバレッジとは、預け入れた「証拠金」(=現金)に対する取引倍率のことをいいます。ただし、大きな利益が期待できる反面、思惑が外れると損失を被るおそれがあります。

■主な商品仕様(2021年12月3日現在、株式会社東京金融取引所作成)

※1 9月の取引開始日から同じ年の12月のリセット日までの約3ヵ月間は、リセット日が異なる同一原資産の商品が重複して存在します。
※2 NASDAQ-100リセット付証拠金取引の初回上場の銘柄(2022年12月リセット)について、取引開始日は2022年2月28日を予定しております。
※3 同一原資産の取引では、リセット日が異なる取引でも同一の証拠金基準額となります。ただし、リセット日が異なる取引間で証拠金は相殺・割引されません。

取引手数料・証拠金基準額につきましては、決定し次第、順次お知らせいたします。

■NASDAQ-100 Index等に関する記載事項
・ NASDAQ-100:
Nasdaq®、Nasdaq-100 Index®、Nasdaq-100®及びNDXは、Nasdaq, Inc.(その関連会社を含めて以下「Nasdaq」といいます。)の登録商標であり、株式会社東京金融取引所による使用のためにライセンスされるものです。Nasdaqは、NASDAQ-100リセット付証拠金取引(以下「本件取引」といいます。)の合法性または適合性に関して、何ら関知するものではありません。本件取引は、Nasdaqが上場、推奨、販売、または宣伝するものではありません。Nasdaqは、本件取引に関していかなる保証を行わず、いかなる責任も負いません。
・日経平均株価(日経225)、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ):
 各株価指数については、こちら(https://www.clickkabu365.jp/disclaimer.html)(東京金融取引所のWEBサイト)をご覧ください。
 
<金融商品取引法に係る表示>
商号等 :株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、
     一般社団法人日本STO協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SBI証券 >
  3. くりっく株365「NASDAQ-100リセット付証拠金取引」の取扱い開始について