第22回手塚治虫文化賞 マンガ大賞最終候補 に10作品が決定しました

発表は4月下旬ごろ

 株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:渡辺雅隆)が主催する第22回手塚治虫文化賞のマンガ大賞に、10作品が最終候補作品としてノミネートされました。同文化賞は手塚治虫氏の業績を記念し、氏の志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設しました。最終選考会を経て4月下旬ごろ、朝日新聞紙面で結果を発表する予定です。
最終候補作品 (作品名は50音順、敬称略)

 

『蒼き鋼のアルペジオ』 Ark Performance(少年画報社)

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』  田中圭一(KADOKAWA)

『狂気の山脈にて』 田辺剛(KADOKAWA)

『ゴールデンカムイ』 野田サトル(集英社)

『傘寿まり子』 おざわゆき(講談社)

『先生の白い噓』 鳥飼茜(講談社)

『それでも町は廻っている』 石黒正数(少年画報社)

『BLUE GIANT』 石塚真一(小学館)

『MATSUMOTO』  作:LF・ボレ、画:フィリップ・ニクルー、訳:原正人(G-NOVELS/誠文堂新光社)

『約束のネバーランド』 原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか(集英社)

※8人の社外選考委員による投票と、書店員・マンガ関係者による推薦(1位は『ゴールデンカムイ』)をもとに選ばれました。

選考委員は、秋本治(漫画家)=新任、杏(俳優)、桜庭一樹(小説家)、里中満智子(マンガ家)、中条省平(学習院大学フランス語圏文化学科教授)、南信長(マンガ解説者)、みなもと太郎(漫画家・マンガ研究家)、ヤマダトモコ(マンガ研究者)の各氏と、弊社の常務取締役編集担当、文化くらし報道部長です。

贈呈式は、6月7日(木)に東京・浜離宮朝日ホールにて行います。
https://prtimes.jp/a/?f=d9214-20180223-5695.pdf
                           
◇手塚治虫文化賞のホームページはこちらです。 http://t.asahi.com/tezk
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. 第22回手塚治虫文化賞 マンガ大賞最終候補 に10作品が決定しました