起業家に空き家を仲介する事業の民間事業者として『東京都空き家コーディネーター』に選定

社会的起業家の「空き家の新たな利活用モデル」実現をサポート

株式会社レオパレス21は、本日6月18日(月)、東京都が公募する『東京都空き家コーディネーター』の事業者として選定されました。なお、今回東京都が選定した『東京都空き家コーディネーター』の事業者は7社であり、当社はそのうちの1社となります。
 株式会社レオパレス21(東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)は、本日6月18日(月)、東京都が公募する『東京都空き家コーディネーター』の事業者として選定されました。なお、今回東京都が選定した『東京都空き家コーディネーター』の事業者は7社であり、当社はそのうちの1社となります。

 全国的に増加傾向にある空き家は、防災・防犯・衛生・景観などに悪影響を与える事例もあり、社会問題となっています。東京都内においても、平成25年時点で空き家は約82万戸あり、近年も増加傾向にあります。一方で、社会の問題や課題に取り組む起業家が多数存在し、新たな発想により解決を図る事例も生まれています。東京都ではこうした社会的起業家を後押しし、新たな空き家の利活用モデルを創出することで、起業家育成や空き家の活用とともに地域問題の解決を図ります。レオパレス21も、空き家対策セミナーに協力するなど、住まいを担う企業として“空き家問題”に対して真剣に取り組んでいます。当社は『東京都空き家コーディネーター』として、ご相談窓口・専用サイトを開設し、空き家活用案や設計計画などのご相談に対応する他、当社が持つ税理士や弁護士などのセカンドオピニオンネットワークを活用し、主体的に社会的起業家へのアプローチを図ります。また、社会的起業家と空き家所有者とのマッチングを行うことで、「空き家の新たな利活用モデル」実現をサポートいたします。

<コーディネーター事業の全体像>

コーディネーター事業の全体像コーディネーター事業の全体像


<東京都の空き家数と空き家率の推移>

東京都の空き家数と空き家率の推移東京都の空き家数と空き家率の推移

総務省「平成25年住宅・土地統計調査」より


<レオパレス21の相談窓口について>

ご相談窓口

株式会社レオパレス21 本社
請負マーケティング推進室BDR推進課 空き家コーディネーターご相談窓口

住所
東京都中野区本町2-54-11 株式会社レオパレス21本社3F

お問い合わせ先
電話番号    : 03-5350-0053
メールアドレス : bdr@leopalace.ne.jp

営業時間
平日10時~19時 (定休日:水曜日)

webサイト
空き家をご所有の方 : http://www.leopalace21.jp/csv/akiya/owner.html
起業家の方 :  http://www.leopalace21.jp/csv/akiya/entrepreneur.html

空き家をご紹介可能な地域
東京23区全域、多摩地域
※奥多摩町、檜原村、西多摩郡、離島を除きます

ご利用方法
お電話もしくはメール、直接のご面談にて、ご希望のエリア・土地の大きさ・ご要望を承ります。


株式会社レオパレス21について
 レオパレス21は、1973年の設立以来、「新しい価値の創造」を企業理念に掲げ、アパートの賃貸事業と開発事業をコア事業として展開しています。賃貸事業では、個人のお客様だけでなく、法人のニーズにも対応し、国内上場企業のうち、約8割の企業にご利用いただいております(延べ利用実績)。この他にも、シルバー事業、ホテル・リゾート事業など、お客様の満足度を高める事業を多角的に展開しています。
 また当社では「攻めのIT経営銘柄」(戦略的IT利活用の促進)、「プラチナくるみん」(子育てサポート)、「ホワイト500」(健康経営)、「イクボス同盟」(人材教育)などの認定を取得し、中長期の企業価値向上に向けた取り組みを積極的に推進しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レオパレス21 >
  3. 起業家に空き家を仲介する事業の民間事業者として『東京都空き家コーディネーター』に選定