世界初の「水空合体ドローン」にQYSEA社製小型産業用水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」が採用されました 1/24に体験会も開催

シー・エフ・デー販売株式会社(社長:三谷弘次、本社:愛知県名古屋市)が取り扱うQYSEA社製水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」が、KDDI・KDDI総合研究所・プロドローンの3社が共同開発した「水空合体ドローン」に採用されたことをお知らせいたします。
シー・エフ・デー販売株式会社(社長:三谷弘次、本社:愛知県名古屋市)が取り扱うQYSEA社製水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」が、KDDI・KDDI総合研究所・プロドローンの3社が共同開発した「水空合体ドローン」に採用されたことをお知らせいたします。

2021年12月14日には横浜・八景島シーパラダイスにおいて、実際に「水空合体ドローン」が自律飛行から水中ドローンをリリース、水中撮影を行うまでの実証実験を実施し、成功致しました。

参考リンク:世界初の水空合体ドローン、遠隔での水中撮影に成功(KDDIプレスリリース)
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2021/12/14/5593.html

今回採用されたQYSEA社の小型産業用水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」は、小型でありながら特有の高い機動性はそのままに、様々な産業用機能があらかじめ搭載されています。
正面に距離ロックソナー二つを搭載することによって、常に対象物に対して等間隔で撮影し、自動航行システムと組合せすることで現場の実用性も大幅にアップ、誰でも簡単に水中の点検や作業が可能になります。
また産業用途に耐えられるように、アルミ素材のスラスターと大容量バッテリーに、600時間耐久テストをクリアした耐久性高いモーター制御システムも搭載し、より確実に、安心に現場作業を遂行することが可能です。

■ 「水空合体ドローン」への導入事例
https://www.cfd.co.jp/biz/proposal/pc_parts/cfd_qysea_fifishv6plus_installation/

■ 採用製品紹介

      ・FIFISH V6 PLUS(小型産業用水中ドローン)  ・Edgebox(遠隔操作ツール)

      ・QYSEA社の遠隔操作・リアルタイム映像伝送技術


■ 産業用小型水中ドローン QYSEA 「FIFISH V6 PLUS」

FIFISH V6 PLUS(ファイフィッシュ ブイ6 プラス)は高光量6000ルーメンのLEDライト、対象物との距離をロックするソナー、ターゲットのサイズを自動測定可能なレーザースケーラーを搭載し、水中での作業性能を飛躍的に高めた産業用水中ドローンです。
産業用途に耐えられるように、アルミ素材のスラスターと大容量バッテリーに、600時間耐久テストをクリアした耐久性高いモーター制御システムも搭載し、より確実に、安心に現場作業を遂行することが可能です。
製品ページ:/product/rov/fifish_v6_plus/

■ 水中ドローン体験会
当体験会では水中ドローンの基礎知識座学、最新機種「FIFISH W6」および
「FIFISH V6 PLUS」「FIFISH V6」の操作体験、水中アームを利用した物品回収
など最新オプションパーツを用いた水中作業を疑似体験していただき、水中ド
ローンの産業用途における利活用についてもご検討頂ける内容となっております。

【イベント概要】
開催日時:2022年1月24日(月) 13:00~14:00
場所:〒135-0063 東京都江東区有明(詳細場所について別途ご案内致します)
参加費用:無料
体験対象機種:FIFISH W6、FIFISH V6 PLUS、FIFISH V6

【体験会申し込みフォーム】
2022年1月24日開催 水中ドローン体験会 申し込みフォーム
https://www.cfd.co.jp/rov_experience_form/

 

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CFD販売株式会社 >
  3. 世界初の「水空合体ドローン」にQYSEA社製小型産業用水中ドローン「FIFISH V6 PLUS」が採用されました 1/24に体験会も開催