メ~テレ、ハイブリッドキャストによる放送と連動した4K HDR同時配信を実施 3月2日深夜放送「冬の飛騨高山をめぐる 古い町並みと白川郷」

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は3月2日(土)28時(3日午前4時)から、ハイブリッドキャストによる放送と連動した4K HDR及びSDRの同時配信を実施します。この取り組みは、総務省「ブロードバンドを活用した地域放送サービスの展開方策に係る実証事業」の一環として実施するものです。
メ~テレでは、ハイブリッドキャストによる放送と連動した4K同時配信の取り組みは今回が4回目で、飛騨高山の4K映像をHDR(※)で配信します。
質感を感じることができる古い町並み、陽射しと雪の中の世界遺産 白川郷など、4K HDRの特長を生かした、より高画質で美しい映像をお届けします。
※HDR(ハイダイナミックレンジ): 暗部から明るいところまで明暗の差を表現できる映像技術

 

HD放送と通信4K映像 同時配信のイメージHD放送と通信4K映像 同時配信のイメージ

 


<番組概要>
番組名称: 冬の飛騨高山をめぐる 古い町並みと白川郷
放送日時: 3月2日(土) 28時00分~28時10分(10分間)
(暦日): 3月3日(日) 午前4時00分~午前4時10分
番組内容: 毎年多くの観光客が訪れる冬の岐阜県飛騨高山地方。厳しい寒さが身にしみるこの季節でも人々を惹きつけているその魅力は一体何なのか?高山市の宮川朝市・古い町並み・中橋、さらには白川郷の合掌造り集落をめぐりながら、その魅力をご紹介します。
放送エリア: 愛知・岐阜・三重

今回の取り組みは、現行の地上波放送と通信による4K同時配信を想定したもので、総務省「ブロードバンドを活用した地域放送サービスの展開方策に係る実証事業」の一環として実施するものです。

なお、4K HDR/SDR映像を視聴するには下記の条件を満たすことが必要です。

4K HDR/SDR映像視聴条件>
・ リアルタイム視聴であること(録画視聴でないこと)
・ インターネット接続されていること
・ 4K HDR/SDR映像は下記対象メーカー・対象機種のテレビで視聴可能
4K HDR
SONY:
 A9F/8F/1、Z9F/9D、X9500E/9000F/8500F/8500E/8300D/8000E/
 7500F/7000Dシリーズ

4K SDR
①SONY: 
  X9350D/9300D/8500Dシリーズ
②Panasonic:
 FX800/780/750HT/750/600HT/600、FZ1000/950HT/950、GX850/750、EZ1000/950、
 EX850/780/750/600、DX950/850/800/770/750/600 シリーズ
③SHARP:
 US4/40/45、U40/45、AK1/L、XD45シリーズ

 ※ メ~テレで動作確認がとれたテレビを対象機種としています。また、上記の状況を満たしていても、
ネットワークの状況で4K映像を視聴できない可能性があります(推奨回線速度16Mbps以上)。
予めご了承下さい。

本取り組みはNHKが開発したDashNXプレーヤーを使用して実施します。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メ~テレ >
  3. メ~テレ、ハイブリッドキャストによる放送と連動した4K HDR同時配信を実施 3月2日深夜放送「冬の飛騨高山をめぐる 古い町並みと白川郷」