世界をフィールドに活躍する写真家の個展 「石川直樹 この星の光の地図を写す」 来年1月12日から東京・西新宿で

産経新聞社は、公益財団法人東京オペラシティ文化財団とともに、展覧会「石川直樹 この星の光の地図を写す」を平成31年1月12日(土)~3月24日(日)に「東京オペラシティ アートギャラリー」(東京都新宿区)で開催します。世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹による東京での初の大規模個展で、石川の初期から現在までの活動の全貌を紹介します。

22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功した石川は、その後も世界各地を旅しながら、人類学や民俗学などの観点を取り入れた独自のスタイルによる写真作品によって、私たちの日常や世界を見つめ直す活動を展開し続けています。

本展では、北極、南極、ヒマラヤ8000m 峰といった極地を撮影した各シリーズ、ニュージーランドの原生林を撮影した『THE VOID』、ポリネシア地域に浮かぶ島々を星に導かれるように巡った『CORONA』、世界各地の洞窟壁画を訪ねた『NEW DIMENSION』など、石川の活動の全貌を総合的に紹介します。

 

石川直樹 昭和52年東京生まれ。写真家。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞を受賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最新刊に、エッセイ『極北へ』(毎日新聞出版)、ヒマラヤの8000m 峰に焦点をあてた写真集シリーズの6冊目となる『AmaDablam』(SLANT)、47都道府県の名を冠した47冊の写真集刊行プロジェクト『日本列島』シリーズ(SUPER LABO×BEAMS)など。

会  期:平成31年1月12日(土)~3月24日(日)※月曜日(祝日の場合は翌火曜日)と2月10日は休館
開館時間:11時~19時(金・土曜日は20時まで)
会  場:東京オペラシティ アートギャラリー(東京都新宿区西新宿3-20-2)
入場料:一般1200円、大・高生800円、中学生以下無料 ※15人以上の団体は各200円引き
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 産経新聞社 >
  3. 世界をフィールドに活躍する写真家の個展 「石川直樹 この星の光の地図を写す」 来年1月12日から東京・西新宿で