専門領域のCtoCサービスに特化したプラットフォームを提供するC2C PTE. LTD.への資本参加

 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、CtoCサービスに特化したプラットフォームを提供するC2C PTE. LTD.(本社:シンガポール、代表者:薛 悠司、村上 英夫、以下C2C社)への資本参加をいたしました。
 今回C2C社は、当社を含む複数社及び個人投資家から総額164万USD(約1.8億円)の資金調達を実施いたしました。

■C2C社とは
 C2C社は、各領域の事業会社に対して、CtoCビジネスにおけるサービス提供者とサービス利用者のマッチングをサポートするシステムを提供しております。
 CtoC市場は、昨今のモバイルアプリの浸透により急速に成長しておりますが、市場規模の小さい専門領域の事業会社は充分なIT投資ができず、CtoC化が進まない結果、CtoC市場でのシェアを獲得できないといった課題があります。その課題に対してC2C社は、開発フレームワークを中心にCtoC化ビジネスノウハウをワンストップで提案し、テックチームがない企業でもCtoC市場への参入を実現します。同社の提供するC2Cプラットフォームは、美容、採用、教育、スキルシェア、ECなど様々な専門領域で活用されております。
 C2Cプラットフォームは「マッチング装置」「マッチングシステム」「マッチング方法及びプログラム」で特許を保有しており、今後もマッチングプラットフォームの開発体制増強やAIを用いたマッチングアルゴリズム開発のスピードアップ、各サービス間の顧客送客やポイント連携などのサービス開発を進めてまいります。

■株式取得の目的
 この資本参加は、投資事業の一環での取り組みであり、C2C社の今後の成長によるリターンを期待しております。
 
■業績に与える影響
 今回の当社出資は、投資事業の一環での取り組みになります。C2C社の事業成長による将来のキャピタルゲインに期待しております。本出資による当連結会計年度の業績への影響は現時点では軽微と判断しております。


【C2C PTE. LTD.】
本社 :10 Anson road #14-06 International Plaza Singapore
社名 :C2C PTE. LTD.
代表者:薛 悠司、村上 英夫
資本金:1,537,297USD 
URL:https://c2c-platform.com

【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:2,922,887千円(払込資本7,399,446千円)
URL:http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ   :https://www.airtrip.jp/ 
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業:https://www.evolableasia.com/service/btm/
ITオフショア開発事業          :http://www.evolableasia.com/service/offshore/
【当社IRサイト】            :http://www.evolableasia.com/ir/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エボラブルアジア >
  3. 専門領域のCtoCサービスに特化したプラットフォームを提供するC2C PTE. LTD.への資本参加