諒設計アーキテクトラーニングスクールの「水彩アーティストW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。

水彩の基礎から、水彩の技法やコツ、実践的なプロの技術が学べます!

株式会社新生技術開発研究所は、諒設計アーキテクトラーニングスクールの「水彩アーティストW資格取得講座」通信講座を新規開講したことをお知らせいたします。
「水彩アーティストW資格取得講座」講座内容


水彩アーティストW資格取得講座、水彩アーティストW資格取得スペシャル講座では水彩の基本知識から水彩の手順やコツ、さまざまな技法をテキストにそって実際に描きながら学べる講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。

資格取得について

本講座は日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「水彩アーティスト」(https://www.designshikaku.net/test/suisai/)、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「水彩画インストラクター」(https://www.jpinstructor.org/shikaku/suisai/)の2資格に対応しています。

水彩アーティスト
 

水彩アーティストとして、水彩の基礎知識、技法、構図の考え方に関する知識を有していることが証明されます。例えば、水彩画の絵具の種類、モチーフの種類、絵具について、用紙について、筆について、色の作り方、筆の選び方、紙の選び方や保存方法、パレットの種類や使用方法、水彩画を描く際に必要となる道具の基礎知識を有していることが証明されます。資格取得後は、水彩アーティストとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

水彩画インストラクター
 

水彩画インストラクターとして、水彩画を描く手順やコツ、静物画の描き方、風景画の描き方、人物画の描き方、ファーストウォッシュ、陰影の技法と描きこみ、水の表現方法、光の表現方法、空の表現方法、道具ごとの構図を描く際のテクニック、水彩画を描く際の基本の手順、色作り、混色と重色について、構図の決め方、塗り方の基本、デッサンの上達方法、応用的な塗り方のテクニック、上達するための応用的なスキルを有していることが証明されます。資格取得後は、水彩画インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

試験免除で資格が取れる!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「水彩アーティスト」「水彩画インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
 



本講座で取得可能な「水彩アーティスト」「水彩画インストラクター」の資格を活かして自宅やカルチャースクールで水彩画を教える講師としての活動をすることも可能です。

詳細・お申し込みはこちら
https://www.designlearn.co.jp/suisai/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新生技術開発研究所 >
  3. 諒設計アーキテクトラーニングスクールの「水彩アーティストW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。