けいはんな学研都市で実施する事業・研究開発にチャレンジください!~スーパーシティ構想に関するアイデア等公募開始~

令和3年2月1日(月)まで

京都府では、平成25年5月に「国家戦略特区」の指定を受け、従来から事業者視点で様々な規制緩和等の実現に取り組んでいます。こうした中、本年5月に「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律(スーパーシティ法)」が成立したことを踏まえ、現在、関西文化学術研究都市(愛称:けいはんな学研都市)において進めているスマートシティの取組の更なる発展を目指すため、スーパーシティ構想の取り組みを検討しています。今般、けいはんな学研都市で実施する事業・研究開発にチャレンジしようとする事業者等からスーパーシティ構想に関するアイデア等を募集しますので、ぜひ御参加ください。
【アイデア等公募概要】

■応募者へ求めるアイデア等
以下に示すスーパーシティ構想のコンセプトや内閣府の資料などを参考に、「データ連携基盤整備事業」については、類似するシステムの開発実績などを、「先端的サービスを実施する事業」については、地域課題の解決に資する、医療・介護や移動など複数の領域に跨がる事業・サービスに関するアイデア等の提案を求めます。
※内閣府資料は公募要領に明示します。

〈コンセプト〉
  • 人生100年時代にふさわしく健康で充実したスマートライフの確立
  • AI時代にふさわしい先端的な学習に関する研究開発の推進及び、その知見を活用することによる次代を担う子供たちの個性や能力に応じた学びの場の提供
  • これまでに培った研究機関の世界的ネットワークを活用し、多彩な人材の持つ知見が活かされた世界最先端の研究が迅速に進む研究環境の確立

■応募資格
民間事業者、大学、研究機関、公益法人、NPO等

■事業者等の選定と選定事業者の役割
来年2月頃、優れたアイデア等を提案した事業者等を選定する予定です。
また、選定された事業者等には、今後、スーパーシティ構想の応募内容の具体化も含めて御協力をお願いする予定です。

■応募書類提出締切
令和2年12月18日(金)~令和3年2月1日(月)の間にbunkaga@pref.kyoto.lg.jpまで電子メールで御提出ください。
公募要領、公募様式については京都府商工労働観光部文化学術研究都市推進課のHP(http://www.pref.kyoto.jp/bunkaga/news/supercityidea.html )を御確認ください。
  1. プレスリリース >
  2. 京都府 >
  3. けいはんな学研都市で実施する事業・研究開発にチャレンジください!~スーパーシティ構想に関するアイデア等公募開始~