カーシェアリングサービス「タイムズカー」、オプションの乗り捨てサービスを拡充 新横浜駅・新大阪駅付近などのステーションが対象に!

タイムズモビリティ株式会社(本社:東京都品川区、社長:川上紀文)は、3月1日よりカーシェアリングサービス「タイムズカー」のオプションサービスとして提供している乗り捨て対象のステーションを、新横浜駅や新大阪駅付近のステーションに拡大します。

 

 「タイムズカー」は、会員登録をすれば、24時間365日いつでもクルマを利用できるカーシェアリングサービスです。レンタカーのように店舗で手続きをする必要がないため、出発時刻や帰着時刻を気にすることなく借りられる等の利便性の高さが支持され、現在では177万名以上※の会員様に利用いただいています。
※ 2022年1月末時点

 カーシェアリングは、出発したステーションに車両を返却することが一般的ですが、タイムズカーでは一部のステーションにおいて、出発時と異なるステーションに車両を返却できる「乗り捨て」をオプションサービスとして展開しています。
 「乗り捨て」は、会員様が空路で移動する際にニーズが高いことから、主に空港駐車場または空港近くのタイムズカー店舗などのステーションを乗り捨て場所として設定しています。

 今回新たに、新幹線が停車する新横浜駅と新大阪駅付近のステーションを乗り捨て場所に設定することにより、家族旅行や出張、大きな荷物を抱えての移動でもタイムズカーをご利用いただけるものと考えております。
 加えて、横浜駅や川崎駅、宮前平駅、なんば駅など新横浜駅・新大阪駅からクルマで30分圏内にある駅付近のステーションも乗り捨て対象のステーションに設定しました。これにより、旅行や出張からお帰りの際にも、深夜・早朝問わずご自宅や会社までの移動にタイムズカーをご利用いただきやすくなり、会員様の利便性向上に繋がるものと考えております。

 対象ステーションは、神奈川県・大阪府内合わせて12ステーションですが、利用動向を見つつ、オペレーション体制の構築を図りながら拡大を検討してまいります。

 タイムズモビリティは今後も、サービスの拡充と利便性向上を図るとともに、ストレスのない移動環境の実現に向け、新たなサービスの創造に取り組んでまいります。

 

  1. プレスリリース >
  2. パーク24株式会社 >
  3. カーシェアリングサービス「タイムズカー」、オプションの乗り捨てサービスを拡充 新横浜駅・新大阪駅付近などのステーションが対象に!