Make a goal!! ブラインドサッカー in SHIBUYA stationを開催します

2019年2月17日(日)、東急電鉄・東京メトロ渋谷駅構内で開催

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:山村明義、以下「東京メトロ」)、東京急行電鉄株式会社(本社東京都渋谷区 代表取締役社長:髙橋和夫、以下「東急電鉄」)では、2月17日(日)東急電鉄・東京メトロ渋谷駅構内にて「Make a goal!! ブラインドサッカー in SHIBUYA station」を開催します。
 このイベントは東京メトロの主催で、東急電鉄と日本ブラインドサッカー協会が協力し、ブラインドサッカーのクラブチームに所属する選手をお迎えします。実際にブラインドサッカーを身近に感じてもらうことで、ブラインドサッカーの認知向上を図ることを目的として開催します。
 イベントでは出演選手によるトークショーやパスなどのデモンストレーションをおこない、選手のテクニックを目の前でご覧いただけます。また、お越しいただいたお客様にはアイマスクを着用してパスやシュートを体験していただき、ブラインドサッカーを身近に感じていただけるイベントとなっています。皆さまのご来場を心からお待ちしております。

 



           Make a goal!! ブラインドサッカー in SHIBUYA station 詳細

1 開  催  日    2019年2月17日(日)
2 開  催  時  間     14時00分~15時30分(13時30分開場)
3 場     所    東急電鉄・東京メトロ渋谷駅 駅構内13出口方面
4 入  場  料    入場無料
5 イベント内容   ・出演選手による競技の魅力や競技のルールなどに関するトークショー
           ・出演選手によるデモンストレーション
           ・ブラインドサッカー体験会
           ※イベント内容は都合により変更となる場合がありますので、予めご了承ください。
6 主    催   東京地下鉄株式会社
7 後    援   東京急行電鉄株式会社
8 協    力   特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会
9 お問い合わせ先  東京メトロお客様センター TEL:0120-104106
           東京メトロHP       https://www.tokyometro.jp/

 

【参 考】ブラインドサッカーとは
 ブラインドサッカーの国際ルールが日本に上陸したのは2001年です。えしてていただックル等フットサル(5人制サッカー)を基にルールが考案されており、障がいの程度によって2つのカテゴリーに分かれています。

ブラインドサッカー ⇒ ゴールキーパー以外は全盲の選手がプレーします。視覚障がい者スポーツのクラス分けの用語を用いて、B1クラスと呼ばれることもあります。

ロービジョンフットサル ⇒ 弱視の選手が主にプレーします。視覚障がい者スポーツのクラス分けの用語からB2/B3クラスと呼ばれることもあります。
 
 ブラインドサッカーは、通常、情報の8割を得ているという視覚を閉じた状態でプレーします。技術だけではなく、視覚障がい者と健常者が力を合わせてプレーするため、「音」と「声」のコミュニケーション」が重要です。

※日本ブラインドサッカー協会公式HP参照
 日本ブラインドサッカー協会公式HP:http://www.b-soccer.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. Make a goal!! ブラインドサッカー in SHIBUYA stationを開催します