≪『アサヒスーパードライ』新ブランドメッセージ≫「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」菅田将暉さんと中村倫也さんTVCM初共演の「2人のトライ篇」を11月22日(金)から放映開始します!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、『アサヒスーパードライ』の新ブランドメッセージを「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」と設定します。ビール飲用価値の再発見と特別な飲用体験を演出する、新ブランドメッセージに沿った販促施策を展開します。施策の第一弾として、新TVCMを中心とした広告活動を2019年11月22日(金)から開始します。さらに、家飲み、外食など様々なシーンに合わせた施策を順次展開していきます。

 新ブランドメッセージ設定にあたっては、6,000人の消費者調査を行いました。その結果、「ビールは、『うまい!』と感じる瞬間、人生のすべてを肯定してくれる特別な飲みものである。」という消費者がビールに感じる潜在的な欲求やニーズを見出しました。
 近年の消費志向は、モノの購入や所有に価値を見出す“モノ消費”から、購入したモノやサービスを使ってどのような経験や体験を得られるかに価値を見出す“コト消費”への移行が進んでいます。アサヒビールは、このような価値観の変化を踏まえ、消費者が「スーパードライ」と一緒に特別な瞬間を体験できるようなマーケティング施策を展開します。

 施策の第一弾として11月22日(金)より全国で放映開始する『アサヒスーパードライ』の新TVCM「2人のトライ篇」では、CMキャラクターに菅田将暉さんと中村倫也さんを起用します。
 「2人のトライ篇」は、若手ビジネスマンを演じる菅田将暉さんと先輩役の中村倫也さんが、壁にぶつかりながらもチャレンジしていく姿を描いています。失敗や困難を乗り越えながらも、仲間と協力して成功を収めます。ラストシーンでは、仕事の達成感を分かち合いながらビールを飲む最高の瞬間を描くことで、「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」という新ブランドメッセージを訴求し、「スーパードライ」の飲用喚起を図ります。
 なお、本篇では、2018年に公開され話題となった映画「THE GREATEST SHOWMAN」の主題歌「THIS IS ME」を日本で初めてCMテーマ曲として採用します。

 アサヒビールは、中長期的なビール需要の活性化に取り組んでいます。2018年末からは、「スーパードライ」の中長期のブランドテーマを“THE JAPAN BRAND”と設定し、“最高品質の提供”と“飲用機会の拡大”を見据えた取り組みを強化しました。品質基準の厳格化や、製造後翌日出荷の「鮮度実感パック」の発売、“氷点下のスーパードライ”「エクストラコールド」で従来以上に高密度できめ細かな泡を実現する新型専用タップの展開などを行い、お客様からご好評をいただいています。また、“もうひとつの「スーパードライ」”という活動テーマで、びんから直接飲用するスタイルを提案する『アサヒスーパードライ ザ・クール』を発売し、若年層のビール需要拡大に積極的に取り組んできました。

 アサヒビールは、新ブランドメッセージに沿った様々な販促施策を展開することで、ビール需要活性化の取り組みをさらに強化します。「スーパードライ」の一貫したブランド価値や特別な飲用体験を消費者に提供することで、ビール飲用者の拡大を図ります。

参考:撮影エピソード
 CMキャラクターの菅田将暉さんと中村倫也さんは、今回初めてCMで共演をされました。その息のぴったり合った掛け合いで、撮影は順調に進みました。仕事について議論するシーンでは、二人の迫真の演技により、現場にいたスタッフが思わず息を呑むほどでした。ラストシーンの撮影で二人がとてもおいしそうに「スーパードライ」を飲む様子は、まるで本当の居酒屋で打ち上げをしているかのような雰囲気でした。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒビール株式会社 >
  3. ≪『アサヒスーパードライ』新ブランドメッセージ≫「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」菅田将暉さんと中村倫也さんTVCM初共演の「2人のトライ篇」を11月22日(金)から放映開始します!