当社出資先のLS 株式会社にて社交型コンテンツホステル及びカフェがオープン

 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、当社出資先の訪日旅行客向けライフスタイルホテルを展開するLS株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:梁 穎希、以下LS社)にてホテル事業の1号店となる「Q Stay and lounge 上野」が2019年12月28日よりプレオープン※、及び、コミュニケーションの起点となる様々なコンテンツを用意したカフェ&バー「Q Cafe」を2019年12月18日よりオープンいたしましたことを報告いたします。

■Q Stay and lounge 上野
1.日本初、多言語同時翻訳グループチャット「Kotozna Group Chat」を導入
 日本のホステル初の試みとして、多言語グループチャット「Kotozna Group Chat」を導入。自分のスマートフォン端末から母国語で打ち込んだメッセージが、AI を活用した機械翻訳技術により変換され、リアルタイムでスクリーン上に表示されます。その場にいる誰もが母国語で、世界中から訪れる人とチャットを楽しめる。そんな、言語や国籍の壁を超え誰もが簡単につながることができる、新感覚のコミュニケーションが体験できます。

2.ホステルの共有スペースにアート作品を展示、クリエイターの表現の場所として開放
 ホステル内の様々な箇所には、東京藝術大学の学生をはじめとするアートを志す若者や、上野周辺エリアで活動するクリエイターたちによるアート作品を展示。施設全体を使った個展やインスタレーション、ワークショップやライブペインティングなどのイベントも、定期的に開催します。訪れる人が気軽にアート作品に触れられる場として、クリエイターたちの表現の場として、Q Stay and lounge はさまざまな機会を提供しております。

3.フロアごとに異なるテーマの宿泊空間
 客室は旅のスタイルに合わせて選べる、ドミトリールーム(2~3F:男女混合ドミトリー、4F:女性専用ドミトリー)と 2 種類の個室(ツインルーム、ダブルルーム)をご用意。桜や紅葉、浮世絵など、フロアごとに異なる日本らしいデザインをあしらった空間が、ゲストの宿泊体験を彩ります。

■カフェ&バー「Q Cafe」
 Q Stay and lounge 上野の顔とも言える「Q Cafe」は、単なる「ホステルに併設されたカフェバー」ではありません。国内初の AI を用いた多言語同時翻訳チャットや、プロジェクターを用いた空間装飾、アート展示など、コミュニケーションの種となる、様々なコンテンツを用意しています。
また、世界中から訪れる宿泊ゲストや Q Cafe を訪れるすべての人が気軽に参加できる、さまざまなイベントを開催予定です。互いに交流を深めたり、地域や日本の文化に触れたりできるものを数多く企画しています。

■施設概要
名称 :Q Stay and lounge 上野
所在地 :東京都台東区東上野 2-13-2
アクセス  :東京メトロ日比谷線、銀座線「上野」駅  徒歩3分   
 東京メトロ日比谷線「仲御徒町」駅  徒歩4分   
 JR 線「上野」駅、「御徒町」駅  徒歩8分   
 京成本線「京成上野」駅  徒歩8分
URL https://www.q-stay.jp

 

■業績に与える影響
 投資先となるLS社の株式について、同社の今後の成長によるリターンが生じた場合には投資事業の収益となります。
 今期の当社の業績へ与える影響は軽微と見込んでおります。今後、変更の必要が生じた場合には適時にお知らせいたします。

※一般客 の予約は2020年1月20日(月)以降にて受付中。

【LS 株式会社】
本社 :東京都中央区銀座 1-18-2 7F
社名 :LS 株式会社
代表者:代表取締役 梁 穎希
資本金:9,000 万円
URL:https://www.ckc-ls.com/ 

【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:2,923,746千円(払込資本7,401,163千円)
URL:http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ    :https://www.airtrip.jp/ 
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 :https://www.evolableasia.com/service/btm/
ITオフショア開発事業           :http://www.evolableasia.com/service/offshore/
【当社IRサイト】             :http://www.evolableasia.com/ir/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エボラブルアジア >
  3. 当社出資先のLS 株式会社にて社交型コンテンツホステル及びカフェがオープン