「第120回日本外科学会定期学術集会」ランチョンセミナーにおいて大分大学との共同研究を発表

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全WEB開催 2020年8月13日(木)~15日(土)

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業の株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)は、「第120回日本外科学会定期学術集会(期間:2020年8月13日(木)~15日(土)」においてランチョンセミナーを共催します。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため完全WEB開催(特設サイトURL:https://120jss.com/)となり、バーチャル企業展示(WEB展示会)にも出展します。日本外科学会への共催は、今回初めてとなります。
 第120回を迎える今回は慶應義塾大学医学部外科学教室の北川 雄光院長が会頭を務められ、「命と向き合い 外科医として生きる-To live as a surgeon: Looking life in the eye-」をテーマに学術集会が行われます。当社は予てより産学連携による大学をはじめとした研究機関との共同研究を推進し、学会への参加も積極的に行っております。会期中の8月14日(金)はがん研究会有明病院 副院長・乳腺センター長 大野 真司先生を司会に、「抗がん剤脱毛の最前線」をテーマとしたセミナーを共催し、大分大学医学部 消化器小児外科学講座の佐川 倫子先生、同じく大分大学医学部 消化器小児外科学講座 教授の猪股 雅史先生に講演いただきます。当社は2013年7月に国立大学法人大分大学との共同研究を開始し、産学連携プロジェクトをスタートしています。

 また、今回は新型コロナウイルス感染拡大予防の観点からWEB開催となり、企業展示もバーチャル企業展示(WEB展示会)となります。当社の展示では、今回セミナーにご登壇いただく大分大学の猪股 雅史先生のご紹介や、2015年4月に制定された医療用ウィッグのJIS規格(規格番号:JIS S 9623)に適合した医療用ウィッグ「Rafra(ラフラ®)」、1978年から40年以上続くCSR活動「愛のチャリティ」などをご紹介いたします。

■企業展示出展概要
学会名称  :第120回日本外科学会定期学術集会
会期    :2020年8月13日(木)~15日(土)
WEB展示 :大分大学・猪股雅史教授ご紹介
       医療用ウィッグ「Rafra(ラフラ®)」のご紹介
       全国に35店舗展開する病院内ヘアサロン
       ウィッグ生産拠点のひとつ『アデランス・フィリピン社』
       40年以上続くCSR活動「アデランス愛のチャリティ」     等
特設サイト:https://120jss.com/

■ランチョンセミナー概要
日 時:2020年8月14日(金)11:20~12:10 ランチョンセミナー26
テーマ:「抗がん剤脱毛の最前線」
司 会:がん研究会有明病院 副院長・乳腺センター長 大野 真司先生
演 者:大分大学医学部 消化器小児外科学講座 佐川 倫子先生
    演題「抗がん剤脱毛はなぜ起こる?」

    大分大学医学部 消化器小児外科学講座 教授 猪股 雅史先生
    演題「抗がん剤脱毛をどのように予防する?」

 ※セミナーの聴講には第120回日本外科学会定期学術集会のHP(https://120jss.com/)より、
  オンライン参加登録が必要です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アデランス >
  3. 「第120回日本外科学会定期学術集会」ランチョンセミナーにおいて大分大学との共同研究を発表