創造性と革新性を追求する世界最古のシャンパーニュメゾン「ルイナール」/「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2021」で新たな取組みをスタート!

①「Ruinart Japan Award」を創設、初めての受賞者を発表②各日10本限定!オリジナルのセカンドスキンが買えるPOP UP SHOPをオープン

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 東京都千代田区神田神保町の取扱いシャンパーニュメゾン ルイナールは、今年も9月18日(土)からスタートした『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2021』に参画いたします。今年は2020年度のアーティスト デイヴィッド シュリグリーの作品展示のみならず、新たな取り組みとして、「Ruinart Japan Award」を創設し、記念すべき初めての受賞者を発表!また、各日10本限定でオリジナルデザインのセカンドスキンパッケージ付ルイナールを購入できるPOP UP SHOPをオープンしました。









メゾン ルイナールは、2016年からKYOTOGRAPHIEとパートナーシップを結び、毎年コラボレーションする現代アーティストが色々な視点からルイナールを表現した作品を展示してまいりました。そして、今年は日本とKYOTOGRAPHIE、そしてメゾン ルイナールの関係における新たな時代の幕開けとして、「Ruinart Japan Award」が創設されました。この賞は、ルイナールが1861年に日本と確立した長く有意義な関係(日本への最初の出荷記録)と、KYOTOGRAPHIEとのパートナーシップを称えるものです。この新しい取り組みは、写真というレンズを通して、フランスと日本の間に新しい橋を架けることを目的としています。第1回「Ruinart Japan Award」の受賞者は、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2021」のインターナショナル・ポートフォリオ・レビューに作品を提出した参加アーティストの中で、日本で活躍している若手・中堅の写真家であること、フランスへの渡航が可能な方から選ばれます。選考は、KYOTOGRAPHIEの創設者であるルシール・レイボーズ氏と中西祐介氏が、ルイナール社のArts & Cultureディレクターであるファビアン・ヴァレリアンと協力して行いました。

記念すべき、初めての受賞者は、ヨーロッパとアジアを中心に活動しているグラフィックデザイナーの鷹巣由佳さんです。鷹巣さんには年末にパリとランスを訪れ、アート・レジデンシー・プログラムを行う機会を提供します。(新型コロナウィルス感染症の状況を鑑みながら要調整)ここで制作された作品は、第10回目の開催となる2022年の「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2022」において、ルイナールの展示会場にてご覧いただけます。ルイナールが行うアート・レジデンシー・プログラムとは、メゾン ルイナールと世界で活躍するアーティストとのコラボレーションで、メゾンを訪れたアーティストがそこで目にしたものからルイナールを再解釈して作品を制作するプログラムです。ファビアンは、「私たちは、彼女のアプローチが詩的で、カラフルで、とてもモダンだと感じました。彼女が11月にフランスに来てくれることを楽しみにしています!」と、コメントしました。

2016年以降、ルイナールは国際的なアーティストを「KYOTOGRAPHIE」に招待してきましたが、今度は日本からアーティストをフランスに派遣して、その芸術的ビジョンを共有する番となり、新たな架け橋が誕生いたしました。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
鷹巣由佳(Yuka Takasu)プロフィール
愛知県生まれ。グラフィックデザイナー。
ヨーロッパとアジアを中心に、旅と日常の境界線や言葉にできない何かを様々な視点で表現を試み、紙を中心に布やアクリルなど様々な素材を用い、AI等の身近な先端技術と、偶然や確率考現学的観点から「予期せぬ予期」を探る作品制作をしている。第55回富士フイルムフォトコンテストフォトブック部門審査員特別賞など受賞。デザイン事務所 211design-meme-主宰。撮ったあとの楽しみかた「写真にまつわるエトセトラ」講師。

<インターナショナル・ポートフォリオ・レビューに提出した作品>(一部)
作品名:センテント






-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

また、2つ目の新しい取組みとして、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2021」開催期間の9月18日(土)〜10月17日(日)までの期間限定で、オリジナルデザインのセカンドスキンパッケージ付ルイナールを購入できるPOP UP SHOPをオープンしました。限定企画「セカンドスキン パーソナライゼーションボトル」として、デザイナー兼イラストレーターのAcariさんにセカンドスキンボトルにオリジナルデザインを施してもらうサービスを実施します。日時限定で、各日限定10本のみとなりますので、早い者勝ちです。日本で初めてのPOP UP SHOPで、初めてのオリジナルセカンドスキンパッケージを是非手に入れてみてください。
また、同じ会場内には3フロアにわたって、イギリス人アーティストのデイヴィッド シュリグリーがユーモラスな視点でルイナールを描いた作品「UNCONVENTIONAL BUBBLES(型破りな泡)」の展示しています。ぜひ、デイヴィッドの作品を通して、ルイナールの新しい一面に触れてみてください。
 
  • POP UP SHOP限定企画「セカンドスキン パーソナライゼーションボトル」

【会 場 名】 ASPHODEL(アスフォデル)1F

【住 所】京都市東山区八坂新地末吉町99-10
【アーティスト】Acari Hayashi
【アーティスト来場日時】
・9月25日(土)11:00 – 19:00
・9月26日(日)11:00 – 18:00
・10月2日(土)11:00 – 19:00
・10月3日(日)11:00 – 18:00
・10月9日(土)11:00 – 19:00
・10月10日(日)11:00 – 18:00
・10月16日(土)11:00 – 19:00
・10月17日(日)11:00 – 18:00
【金額】14,410円(税込)
【数量】各日10本限定

<デザインイメージ>

Acari Hayashi

デザイナー/イラストレーター/アーティスト
大学での版画制作、京都の出版社でのデザイン職を経て、現在は独立し東京で活動。
自然環境や文化への関心から、視覚・触覚・記憶をテーマに作品を制作する。
現在インスタグラムでは、動物や植物に自身の記憶を重ねた12ヶ月のイラストレーションアート〈Strage series〉を展開している。

 
  • KYOTOGRAPHIE 2021
    David Shrigley × Ruinart
【期 間】 2021年9月18日(土)〜10月17日(日)
【時 間】 11:00 – 20:00 ※入場は閉館の30分前まで
【会 場 名】 ASPHODEL(アスフォデル)
      -1F:David Shrigley作品展示、RUINART SECOND SKIN POP UP SHOP
      -2F:David Shrigley作品展示
      -3F:David Shrigley作品展示
【アーティスト 】 David Shrigley(デイヴィッド シュリグリー)
【タ イ ト ル 】 UNCONVENTIONAL BUBBLES(型破りな泡)

KYOTOGRAPHIE 2021とは

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する。第9回目の開催になる今年のテーマは「ECHO(エコー)」。世界史も日本史も自分史もお互いに響き合って現在、そして未来に繋がっていく。これまで、地球の叫びになかなか耳を傾けて来なかった過去の歴史が現在にECHO(呼応)する。そう考えると、現在を切り撮り過去を記録する「写真」という媒体は「ECHO」を生み出す装置とも言えるのではないか。

 

食と芸術が出会う場所「Food for Art」は、芸術を愛し、芸術家をサポートするメゾン ルイナールが「食」と「芸術」の2つの創造的な世界を結びつけることを目的に、2019年からスタートしたプログラムです。今年もKYOTOGRAPHIEが開催される京都で、3夜限定で 『Ruinart Food for Art Dinner in KYOTO』の開催が決定しました。

3夜限定 ルイナール スペシャルディナー
【11月4日(木)AnotherC (アナザーシー)】

時間:18:00受付開始 揃い次第スタート
料金:35,000円(税サ込)
住所:京都市中京区三条通木屋町角中島町96 三条木屋町ビル4F
電話:075-746-2438
定員:9名予定
URL : https://anotherc.net/
シャンパーニュ ラインナップ:
ルイナール ブラン ・ ド ・ ブラン、ルイナール ロゼ、ドン・ ルイナール 2007、
ドン・ ルイナール 2009


【11月5日(金)余韻 YOIN RESTAURANT】
時間:18:00スタート
料金:35,000円(税サ込)
住所:京都市東山区清本町354
電話:075-533-8828
定員:18名
URL : https://gion-yoin.jp
シャンパーニュ ラインナップ:
ルイナール ブラン ・ ド ・ ブラン(マグナム)、ルイナール ロゼ(マグナム)、
ドン・ ルイナール 2007


【11月8日(月)祇園 末友】
時間:18:00受付、18:30スタート
料金:48,000円(税サ込)
住所:京都市東山区大和大路四条下ル4丁目小松町151-73
電話:075-496-8799
定員:20名
URL : https://gionsuetomo.kyoto/
シャンパーニュ ラインナップ:
ルイナール ブラン ・ ド ・ ブラン、ルイナール ロゼ、ドン・ ルイナール 2007、
ドン・ ルイナール 2009


*ご予約は店舗に直接お問い合わせください。お席が満席になり次第、予約の受付を終了いたします。予めご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 >
  3. 創造性と革新性を追求する世界最古のシャンパーニュメゾン「ルイナール」/「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2021」で新たな取組みをスタート!