日本初、複数都市での遠隔型自動運転モビリティの実証実験を実施

1カ所の遠隔コントロールセンターから、複数都市の車両を遠隔監視

東急株式会社(以下、当社)は、国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学、株式会社ソリトンシステムズなどと協働し、2020年12月17日から25日まで、伊豆高原駅周辺(静岡県伊東市)にて遠隔型自動運転モビリティの実証実験(以下、本実験)を実施します。
 東伊豆の象徴的な観光地である伊豆高原駅周辺は、多くの観光施設があるものの、急な坂が多く、観光客の利便性に課題を抱えています。本実験では、スマートフォンMaaSサービス「Izuko」や伊豆高原駅に設置されているテレビから、自動運転システムを搭載した小型バスタイプの電気自動車「Izukoいずきゅん号」を、需要に応じて呼び出すオンデマンド方式で運行し、安全性など、サービスの実用化に向けた課題の検証を行います。名古屋大学は自動運転車両の公道での走行性、停止性などの走行に関連する事象を検証します。当社は自動運転車両が走行中に道路条件により停止した場合など、遠隔コントロールセンターからの遠隔監視・操縦のオペレーションを中心に検証します。

 

自動運転モビリティ車両のイメージ自動運転モビリティ車両のイメージ

コントロールセンターのイメージコントロールセンターのイメージ

 本実験では、将来的に一人のオペレーターが複数台の自動運転車両を運行管理する効率的な移動サービスの構築を目指し、伊豆高原駅付近に複数台の自動運転車両を監視・操縦可能な遠隔コントロールセンターを設置し、運行する車両の遠隔監視・操縦と、静岡県主催の自動運転実証実験プロジェクトにおいて、下田市で運行する自動運転車両の遠隔監視も行います。従来、4G(LTE)の通信インフラを使用したリアルタイムの監視・操縦は、通信遅延などの問題により難しいと考えられていましたが、低遅延の伝送技術の開発により実現しました。なお、1カ所の遠隔コントロールセンターから、複数都市の車両を同時に遠隔監視することは日本初となります。

  本実験では、遠隔コントロールセンターのオペレーション構築および将来の無人化に向けた技術課題と安全性の検証を行うことで、伊豆半島をはじめとした地域内の移動における課題解決の可能性を探り、今後のサービス開発に向けた取り組みを推進します。

◇実施内容
① 伊豆高原駅周辺の公道約2.8kmの区間において、観光型MaaS「Izuko」や周辺観光施設と連携しつつ、オンデマンドの自動運転車両1台を運行(8名定員、自動・遠隔を切替)
② 伊豆高原駅付近に、複数台の自動運転車両の監視・操縦が可能な「遠隔コントロールセンター」を設置
◇主な検証項目
① 遠隔コントロールセンターのオペレーションの構築および技術的課題の抽出② 安全性をはじめとした、将来の無人化に向けた課題の抽出
◇運行概要
■ルートおよび乗降場所:約1.4kmを往復運転、乗降場所は5カ所
■運行期間:2020年12月17日(木)~12月25日(金)
■運行時間:11:00~15:00 20分に1本程度 
※デマンドが入った場合のみ運行
■運賃:無料
■最高速度:時速19km
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 日本初、複数都市での遠隔型自動運転モビリティの実証実験を実施