「コンパス ヨコハマ 2019」開催決定

アート、パフォーマンス、ワークショップ、音楽… 夕暮れどきの“みなとみらい”で過ごす豊かな時間。
新しいアートの羅針盤「コンパス ヨコハマ 2019」 9月20日(金)より 【美術の広場】 にて開催!

 

会場コンセプトイメージ会場コンセプトイメージ

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は横浜市との共催により、美術の広場(グランモール公園・横浜美術館前)において、9月20日(金)~29日(日)の10日間にわたり、「コンパス ヨコハマ 2019~創造の旅は、ヨコハマから始まる。」を開催いたします。

横浜は開港以来、世界有数の港町として発展し、多様な文化を取り入れて街の気風がつくられてきました。その歴史は、日本の文化を形成していく中で、日本と世界をつなぐ重要な「羅針盤=コンパス」の役割を果たしてきたと言えます。

「コンパス ヨコハマ 2019」 を通じ、「横浜から新たな文化を創っていこう」 「自分の羅針盤を見つけて未来へ進もう」 というメッセージが込められています。

みなとみらいの街の広場、シンボルともいえるグランモール公園を会場に、大人も子どもも楽しめる多彩なイベントです。昼から夜の移り変わり(夕暮れどき)にあらわれる横浜ならではの風景と共にお楽しみください。

会場全体のアートディレクションは、独特の作風により国内外で活躍する画家の佐藤真生が手掛けます。巨大なインスタレーション「ぐるぐる」を中心に、新進気鋭のアーティスト達による作品展示や、ステージでのライブパフォーマンス、DJライブ、ワークショップ、フードコーナーやカフェ等、様々なプログラムを展開します。

「創造の旅は、ヨコハマから始まる。」、いまここでしかできない体験を横浜で是非。

公式HP http://compass.yafjp.org
 
  • イベント名称・ロゴについて

「コンパス」には、“未来への羅針盤”という思いが込められています。しかしこれは、すべてにおいて同一方向を示すことではありません。例えば、今回参加する若いアーティスト達の様々な作品からは、自分自身の判断と力を信じて、世界に向けて力強く発信していく姿が見て取れます。この姿は、まさに未来に向かう横浜の姿と重なります。
「コンパス ヨコハマ 2019」は、来場された人々が作品やモノ、場を見つけながら自由に歩き回る「散策型」の会場構成となっています。この散策そのものが、それぞれの「コンパス」を探し求める“旅”と言えるかもしれません。
 
  • コンパス ヨコハマ 2019 アートディレクター
佐藤 真生(MAO) さとう まさお 画家 美術家

山形県酒田市生。東京学芸大学大学院修了。1990年目黒区美術館での初個展が注目され、数々のコンクールで受賞多数。1993年安井賞展賞候補。1997本間美術館で個展 1998年「両洋の眼」(日本橋三越)1991年-2006年個展(西武渋谷)その他日本、ニューヨーク、パリ、シドニー、シンガポール等で展覧会。2013年吉祥寺美術館、2016年酒田市美術館で個展。2016年より地域伝承文化をテーマとした「YUME-KASAFUKU PROJECT(夢傘福プロジェクト)」を開始しフィンランド、ニュージーランド等で作品展示・ワークショップ開催。平面作品の他、映像、オブジェ、デザイン、文筆など総合的な創作活動展開。2019年「コンパス ヨコハマ 2019」アートディレクション担当。
 
  • 開催概要
開催名称  コンパス ヨコハマ 2019
会  期  2019年9月20日(金)~29日(日)
イベント実施日
 デイタイム 11:00~16:00 9月21日(土)~23日(月・祝)、27日(金)~29日(日)
 ナイトタイム 16:00~20:00 9月20日(金)~22日(日)、27日(金)~28日(土)
会  場  美術の広場(グランモール公園・横浜美術館前)
主  催  公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
共  催  横浜市
協  力  マークイズみなとみらい
公式HP  http://compass.yafjp.org
 

美術の広場美術の広場

美術の広場美術の広場

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 >
  3. 「コンパス ヨコハマ 2019」開催決定