全国の幸楽苑店舗に「キャッシュレス決済」を導入 コロナ禍でのお客様の安全性、利便性を向上

JCB
株式会社幸楽苑ホールディングス(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:新井田 昇、以下 「幸楽苑」 )と三菱UFJニコス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 啓、以下 「三菱UFJニコス」)、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下「JCB」)および株式会社大東クレジットサービス(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:二瓶 一之、以下「大東クレジットサービス」)はこの度、新型コロナウイルス感染症の影響によるキャッシュレス決済ニーズにお応えするため、全国の幸楽苑店舗への専用端末の導入を決め、クレジットカードや各種電子マネーなどの取り扱いを2021年3月20日から順次開始し、5月末までに拡充していく予定です。(※1)一部店舗除く
  • コロナ禍でもご来店いただいたお客様に、クレジットカード決済や、各種電子マネーによる非接触決済で、スピーディーかつ簡便で安心できるお会計を提供
  •  決済手段を選ぶ環境を整え、お客様の利便性の向上とキャッシュレス会計を拡大
  •  店内でのご飲食はもちろん、お弁当などのテイクアウトメニューやグッズなどあらゆる商品のお会計で幅広く利用が可能
  • 今回の導入により7つの国際ブランドのクレジットカード、及び6方式の各種電子マネーでの支払いが可能
幸楽苑では既に、宮城県、東京都の一部店舗でクレジットカード決済を導入しており、今般、新型コロナウイルスへの安全対策をはじめ、サービスの拡充や業務効率化の一環として全国の幸楽苑店舗への拡大を決めたものです。このうち、三菱UFJニコスは福島県を除く全国の店舗、JCBは全国店舗、大東クレジットサービスは福島県内の店舗の導入を担います。

幸楽苑は三菱UFJニコス、JCB、大東クレジットサービスと協力して迅速・簡便なキャッシュレス決済を導入することで、ご飲食後にお客様が安心してお会計を済ませていただける環境を整備するとともに、今後もお客様の利便性の向上と決済手段の多様化への対応を積極的に推し進めてまいります。

■「キャッシュレス決済」導入開始日・導入店舗
導入開始日:3月20日(土)から順次拡大し、5月末までに拡充予定
導入店舗  :全国の幸楽苑店舗(一部店舗除く)

■利用いただけるキャッシュレス決済について
Mastercard®、Visa、JCB、American Expressなどといった国際ブランドのクレジットカードやブランドデビット、UnionPay(銀聯)、各種電子マネー(交通系電子マネー(※2)、QUICPay+(クイックペイプラス)™、iD、楽天Edy、WAON、nanaco)での支払いが可能となり、スピーディーかつ簡便に決済が完了します。今夏には、QRコード決済やNFC(非接触IC)の取り扱いも順次開始する予定です。
(※2)「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca(マナカ)」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」に対応。

プレスリリース詳細はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20210416-3476.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JCB >
  3. 全国の幸楽苑店舗に「キャッシュレス決済」を導入 コロナ禍でのお客様の安全性、利便性を向上