「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展

国内最大の放送・映像制作機器の展示会

キヤノンは、2019年11月13日(水)から15日(金)まで、幕張メッセで開催される国内最大の放送・映像制作機器の展示会「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展し、「高解像度のその先へ。あらゆる映像表現の可能性を超えていく。」をコンセプトに、新製品やキヤノンの最先端技術を紹介します。

キヤノンブース(イメージ図)キヤノンブース(イメージ図)

 

1. 8K放送用ズームレンズなどさまざまな8K映像ソリューションを展示
世界最長(※1)焦点距離・世界最高(※1)の51倍ズームを実現した8K放送用フィールドズームレンズ“UHD-DIGISUPER 51”(2020年4月上旬発売予定)と、世界初(※2)の8K放送用ポータブルズームレンズ“7×10.7 KAS S”(2019年12月上旬発売予定)をはじめ、8Kに対応した豊富なレンズのラインアップを展示します。また、キヤノンが開発を進めている8K/HDR(※3)対応のカメラ、レンズ、ディスプレイのタッチ&トライができるほか、4Kプロジェクターを4台活用した8Kシアターでは、8K映像ならではの精細さと奥行きを体感することが可能です。

2. 4K/HDR対応の高画質・高性能な映像制作機器を紹介
映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMをはじめとする、4K/HDR対応の高画質・高性能な幅広い製品群を紹介します。5.9Kフルサイズセンサーと新開発の映像処理プラットフォームを搭載したデジタルシネマカメラの新製品「EOS C500 Mark II」(2019年12月下旬発売予定)、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」(2019年6月より順次発売)、最大・全白輝度2,000cd/ m2と高コントラスト200万:1を実現した業務用31型4K/HDRディスプレイ「DP-V3120」(2019年11月発売)などを体験できます。

3. 実用化段階に進展した自由視点映像生成システムによる映像を上映
実用化段階に進展した自由視点映像生成システムによる、ラグビーの試合のハイライトシーンを上映します。自由視点映像は、実際のカメラ位置にとらわれない自由な位置や角度からの映像により、まるでグラウンドの中にいるような体験を提供します。

※1 1.25型センサー搭載の8K放送用カメラ対応フィールドズームレンズにおいて。2019年11月6日現在。キヤノン調べ。
※2 1.25型センサー搭載の8K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズにおいて。2019年11月6日現在。キヤノン調べ。
※3 High Dynamic Rangeの略。映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を向上させる技術。

<ご参考:CINEMA EOS SYSTEMオープンセミナーを開催>
「EOS C500 Mark II」で撮影された映像とともに、4組のクリエイターがその印象や使用感について語るセミナーを会期中の3日間にわたり開催します。また、2019年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画「Free Solo」のJimmy Chin監督への単独インタビューをもとに、CINEMA EOS SYSTEMの魅力についても解説します。

<主な展示内容>
 

	8K放送用フィールドズームレンズ	“UHD-DIGISUPER 51” 8K放送用フィールドズームレンズ “UHD-DIGISUPER 51”

 

	8K放送用ポータブルズームレンズ	“7×10.7 KAS S” 8K放送用ポータブルズームレンズ “7×10.7 KAS S”

	デジタルシネマカメラ	「EOS C500 Mark II」 デジタルシネマカメラ 「EOS C500 Mark II」

	デジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ	「Sumire Prime」 デジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ 「Sumire Prime」

	業務用4K/HDRディスプレイ	「DP-V3120」 業務用4K/HDRディスプレイ 「DP-V3120」

	採用レンズの発売から	50周年を迎えた「人工蛍石結晶」 採用レンズの発売から 50周年を迎えた「人工蛍石結晶」

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. 「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展