Jリーグ加盟のセレッソ大阪、SKIYAKIプラットフォーム「bitfan PRO」にてデジタルサービスを開設!

オフタイムの一面を切り取った映像や写真などの選手の素顔も垣間見られるエンタメ性の高いデジタルコンテンツの配信で、クラブの発信力を強化!

株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮瀬卓也、以下「SKIYAKI」)は、2019年12月20日(金)に、大阪市と堺市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ加盟のサッカークラブ セレッソ大阪の魅力をお届けするサポーター向けの会員制デジタルサービス「セレでじ ~セレッソ大阪デジタルファンサービス~」(URL:https://fan.cerezo.jp)を公開しました。当サービスは、クラブにしかお届けできない選手の素顔に迫る動画や公式サービスならではの豊富な写真コンテンツ等を配信し、ファンサービスの質を高めてサポーターとの繋がりを深めることを目指します。


【サービス詳細】
■サービス名 セレでじ ~セレッソ大阪デジタルファンサービス~
■URL https://fan.cerezo.jp
■会費 500円(税別)
■会員コンテンツ Movie、Gallery

【「セレッソ大阪」概要】
セレッソ大阪の前身であるヤンマーディーゼルサッカー部は、1957年に創部しました。1993年に現在のチーム名となり、1995年からJリーグに参戦しています。セレッソ(CEREZO)は、スペイン語で大阪の市花である「桜」を意味しています。大阪から日本を代表するクラブへ、世界で満開の夢を咲かせるクラブへとサポーターとともに成長していくという想いが込められています。エンブレムには、桜、水都・大阪の川をイメージした「ストライプ」、チームキャラクターの「オオカミ」を配し、クラブ、地域、サッカーの三位一体を表現しています。中央の王冠は王者として君臨する「自信」、外側の茨(いばら)は「堅固な守り」を、それぞれ表しています。

【株式会社SKIYAKI 会社概要】
社名:株式会社SKIYAKI
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル 3F
代表者:宮瀬 卓也
資本金:554百万円(2019年1月末時点)
事業内容:プラットフォーム事業、ライブ制作事業、旅行・ツアー事業、O2Oファンプラットフォーム事業、スポーツマーケティング事業
URL:https://skiyaki.com/

SKIYAKIは、ファンの熱量をデータとして活用するサービス「bitfan」を中核とする会員総数290万以上(2019年10月末時点)のオムニチャネルプラットフォームを提供し、"FanTech"分野のパイオニアとして新たな価値の提供を目指し続けます。“FanTech”とは、“Fan×Technology”を意味する新しいコンセプトです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SKIYAKI >
  3. Jリーグ加盟のセレッソ大阪、SKIYAKIプラットフォーム「bitfan PRO」にてデジタルサービスを開設!