現代にタイムスリップした信長がブロックチェーンビジネス!?「ノブナガブロックチェーン」連載開始

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)のグループ会社である株式会社幻冬舎ブランドコミック(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡崎充)は、同社が運営するマンガで未来を想像するメディア/if -イフ-にて、2020 年5 月13 日(水)より、織田信長を主人公にブロックチェーン(分散型台帳)技術を題材とした連載マンガ『ノブナガブロックチェーン』(原作:茶谷葉 作画:小野小太郎)の配信をスタートいたします。

■概要
『ノブナガブロックチェーン』は、常識にとらわれず柔軟な発想で新しい取り組みを次々と実現させてきた織田信長を主人公に、フィンテックや著作権管理などで活用が進む話題の新テクノロジー「ブロックチェーン」を初心者でも楽しみながら学ぶことができます。多くの方に気軽に読んでいただけるようエンタメ作品としても楽しめるよう描いていきます。
連載開始:2020 年5 月13 日(隔週水曜日に公開)*購読無料
URL:https://www.bracomi.co.jp/m/mc6be1f8d9241
※配信のお知らせは、Twitter とFacebook で行います。ぜひフォローをしてください。
 Twitter:https://twitter.com/if_comic
 Facebook:https://www.facebook.com/ifmanga

■連載内容​
天下統一を目前に2020 年の日本にタイムスリップした織田信長。IT 企業でブロックチェーン事業に取り組もうとするが上司に阻まれている藍川絵夢との出会いを通じて、新たな野望を抱く!
「わしはブロックチェーンを学び 古き社会の仕組みを駆逐する!」

■本マンガの魅力
【新しい世界を切り開く 織田信長】
部下の裏切りによって天下統一を目前にしながら散った覇王・織田信長。そんな信長の魅力の一つは、既成観念にとらわれない「革新的な思考力」です。多くの大名が家柄や血縁を重視する中、信長は百姓出身である豊臣秀吉を抜擢するなど、実力主義の人事制度を敷いてきました。領主の反対を押し切り、各地にある関所を徹底的に廃止して、道路や橋などの交通網を整備。革新こそが、尾張の小大名でしかなかった信長を、覇王にまで成り上がらせたのです。

【新テクノロジー ブロックチェーン】
本作で信長が関わる「ブロックチェーン」とは、取引記録をネットワーク上の多数のコンピュータで共有・保管する技術で、ビットコインなどで用いられています。「管理者がいなくても運用できる」「データの改ざんが困難」「システムが常に安定稼働する」などの特徴を持ち、金融やサプライチェーン(流通の流れ)、不動産取引など様々な分野での活用が期待され、国内だけでも潜在市場規模は約67兆円と経産省が試算しています。ブロックチェーンの利点は、例えば、銀行などの金融取引において、管理者不要で個人間取引が可能になるため手数料を削減できます。改ざん不能なかたちで製品の流通過程を記録し、食品の安全性・透明性を高めることや、ブランド品の真贋証明も可能です。来たる5G 通信やAI 技術などとともに、社会を変革する新技術と期待され実用化に向けて取り組みが進んでいます。

 

【どんな未来があるのか?】
信長がブロックチェーン技術に出会ったら、一体何をするでしょうか。例えばドルや円などの法定通貨の代わりに、暗号資産(仮想通貨)で取引を行うかもしれない。あらゆる取引をスマートコントラクト(自動実行される契約)に置き換え、世界全体を効率化させるかも知れない。戦国時代の常識を次々に打ち破ったように、柔軟かつ大胆な方法でブロックチェーンを利用するでしょう。

■原作者/作画者の紹介(コメント)
【原作:茶谷葉】

原作担当の茶谷葉(ちゃたに よう)と申します。私は以前に、小さな金融機関に勤めていました。自転車で顧客の家を回り、集金したりハンコを押して頂いたり、おばあちゃんの雑談を何時間も聞くという、アナログな?働き方でした。そんな私ですが、今回はブロックチェーンという最新技術を描かせて頂きます。非常に優秀な改革者であり、人間としても破天荒で面白い信長を、魅力たっぷりに描きたい!そしてブロックチェーンという新技術を、なるべく分かりやすく描きたい!と思います。個性あふれる作画で漫画化してくださる小野小太郎先生、そしてブロックチェーンについて的確な助言をくださる高瀬俊明先生とご一緒させて頂きながら、頑張ってまいります。よろしくお願いします!

【作画:小野小太郎】
ノブナガブロックチェーンの作画を担当させていただく小野小太郎と申します。ブロックチェーンの技術は正直ほとんど知らなかったのですが、世界を変えうるその可能性に日々驚かされています。それも原作の茶谷先生がとてもわかりやすくブロックチェーンをシナリオにしてくれているおかげ・・・!作画も負けないように頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします!

■取材協力:株式会社TART 高瀬俊明氏
ブロックチェーンの教育事業に取り組む株式会社TART の高瀬俊明氏にマンガ制作のために取材協力をいただいています。
【高瀬俊明氏からのコメント】
織田信長がブロックチェーンを使って新たな社会の仕組みを作っていくというコンセプトを聞いて、非常に面白いと感じました。弊社ではブロックチェーン人材の育成事業を行っておりますが、まだまだブロックチェーンという技術は認知されていないと感じます。今までブロックチェーンを知らなかった人がこれをきっかけに興味を持ってもらえると嬉しいです。

■マンガで未来を想像するメディア/if -イフ-
「テクノロジーで世界を変える」スタートアップ企業や、新たな挑戦をする既存の企業を取材し、その世界観や想いをマンガで伝えるメディアです。BtoB、BtoC のHUB として未来を創造するメディアを目指しています。
https://www.bracomi.co.jp/

■株式会社幻冬舎ブランドコミックについて
幻冬舎ブランドコミックは、幻冬舎の発信力とトレンド・プロの制作力を生かしたコミックで企業のブランディング支援を手掛ける会社です。
https://www.bracomi.co.jp/n/n3360f740dfeb
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 幻冬舎 >
  3. 現代にタイムスリップした信長がブロックチェーンビジネス!?「ノブナガブロックチェーン」連載開始