くらしを、もっと面白く カインズとカヤックが資本業務提携

顧客体験の価値向上やデジタルマーケティング領域、地方創生、人財交流など多分野で連携

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤 大輔、以下「カヤック」)は、株式会社カインズ(代表取締役社長 CEO:高家 正行 以下「カインズ」)と、本日2022年5月23日に資本業務提携契約を締結したことをお知らせします。
本提携により、カインズの目指す「IT小売企業」や地域社会との共創を図る「くみまち構想」の実現に向けたパートナーとして、顧客体験の価値向上や新商品開発、カヤックとカインズの人財交流による社内文化の活性など様々な分野で協業を進めていく予定です。カヤックとしては、初めての資本業務提携となります。
両社の中長期的な企業価値の向上を実現するとともに、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

  • 資本業務提携の背景・意義

カヤックは「つくる人を増やす」という経営理念のもと、固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、「うんこミュージアム」などの体験施設やデジタルプロモーション、ゲームエンタメの企画・開発やVR・メタバース開発など、相互にシナジーを図りながら幅広い事業展開を進めています。また2020年には「ちいき資本主義事業部」を設立し、移住スカウトサービスの「SMOUT」やデジタル地域コミュニティ通貨「まちのコイン」といった地方創生や自治体DX、地域コミュニティの活性化を推進しています。

カインズは、「世界を、日常から変える。」をビジョンに、家庭や地域のくらしをもっと楽しいものにするための「DIY文化の創造」や、地域と協力し、地域の一人ひとりが主役の、未来の「まちのくらし」を共に創っていくことを目指す『くみまち構想』の取り組みを加速しています。また2018年に「IT小売企業宣言」を行い、店舗にある商品の場所がわかるアプリの導入やオウンドメディアの運営、データ分析による顧客体験の向上などデジタル戦略にも注力しています。

「DIY文化の創造」、「つくる人を増やす」というビジョン、地域に着目し地域に根ざす事業目標において、業種は異なるものの、両社の価値観には極めて高い親和性があります。またカヤックのもつ独創的な発想力と高い技術力と、カインズの商品開発力と店舗、スタッフが組み合わせることで、カインズの目指す「IT小売企業」、「くみまち構想」の実現につながるものと考え、本資本業務提携契約を締結しました。

両社は「くらしを、もっと面白く」を合言葉とし、地域やそこで主体的に生きる人々のより良いくらしを応援する様々な取り組みを進めてまいります。
 

  • 今後の展望

カヤックはカインズのデジタルソリューションの企画・開発におけるパートナーとして、カインズの目指す「IT 小売企業」の実現に向けた、新しい顧客体験の構築やコミュニケーション戦略の立案に携わって行く予定です。また、 ブレスト文化やサイコロ給与などユニークな社風をもつカヤックとカインズの人財交流、「くみまち構想」と「ちいき資本主義事業」の連携により地方創生とコミュニティづくりの推進など、多分野で連携を進めていきます。
両社の中長期的な企業価値の向上を実現するとともに、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

<業務提携の内容>
今回提携する業務の範囲は、以下を骨子とするものであります。

  1. 顧客に対するプロモーションなどコミュニケーション戦略の推進
  2. 両社による話題性をともなう商品又はサービスの共同開発
  3. カインズのくらしメディアにおける継続的なコンテンツ開発
  4. カヤックの提供するまちのコインを活用した DIY 等のコミュニティの育成
  5. カインズが推進するくみまち構想とカヤックのちいき資本主義事業の連携
  6. 両社の従業員の人財交流によって両社の創造的な社内文化を活性化させること


<資本提携の内容>
当社は、カインズに対して第三者割当増資による新株式発行をいたします。当社の普通株式539,300株
(2021 年 12 月 31 日現在の発行済株式総数 15,247,100 株に対して 3.54%)を割り当てます。
*本第三者割当増資の詳細は、IRリリースをご参照ください。
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS01527/bc7412c8/0009/4a76/84eb/b0b565db767b/140120220523554412.pdf

 

  • 株式会社カインズについて

株式会社カインズは、28都道府県下に228店舗を展開するホームセンターチェーンです。
「くらしに、ららら。」をお客様とのプロミスとし、日常生活に寄り添うライフスタイルの提案と、住空間のトータルコーディネートを意識した商品づくり、店舗づくりに努めています。 くらしを豊かにする商品を、オリジナル商品の開発と、独自の仕入れ・物流システムの活用により、毎日低価格で提供します。

<株式会社カインズ 概要>

代表者 代表取締役会長  土屋 裕雅
代表取締役社長 CEO  高家 正行
設立 1989年3月
本部所在地 埼玉県本庄市早稲田の杜1‐2‐1
資本金 32億6,000万円
事業内容 ホームセンターチェーンの経営
従業員数 13,097 人(2021年2月末)
店 舗 数 228店舗(2022年4月末)
公式サイト https://www.cainz.co.jp/ (企業サイト)
https://www.cainz.com/ (オンラインショップ)
https://magazine.cainz.com/ (となりのカインズさん)

 

===
株式会社カヤック概要
固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、コミュニティ通貨、移住・関係人口促進など最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっています。

https://www.kayac.com/

代表者  代表取締役 柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
設立  2005年1月21日
所在地 神奈川県鎌倉市御成町11-8
事業内容 日本的面白コンテンツ事業

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カヤック >
  3. くらしを、もっと面白く カインズとカヤックが資本業務提携