「2021年ブルームバーグ男女平等指数」に選定

~男女平等と情報開示の取り組みが評価され国内小売業で唯一3年連続の選定~

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 CEO:吉田直樹、以下「PPIH」)は、ジェンダー平等を推進する方針の策定・表明、および透明性の向上などに取り組む優れた企業が選出されるブルームバーグ社の「2021 男女平等指数」に選定されました。2019年から3年連続での選定となり、本年においては世界44カ国・地域、50業種のグローバル企業380社が選定され、うち日本企業は14社、国内の小売業界としては唯一選定されています。


当社は、多様性を認める企業文化を、企業理念集である「源流」にも謳っており、幹部を含む様々な職域において、今後女性が活躍できる環境作りを強く推進していくとともに、LGBTQの支援、シニア・外国人の活躍推進、障害者雇用の促進など幅広くダイバーシティ推進に積極的に取り組んでいます。2020年11月にはCEO直轄の組織であり、当社女性第一号の執行役員を委員長とした「ダイバーシティ・マネジメント委員会」を設置し、今後、さらに女性が活躍できる企業、ダイバーシティを実行する企業として積極的に施策を立案・実行していきます。

■「ブルームバーグ男女平等指数(GEI)」について
GEI(Gender-Equality Index)は、企業の男女平等に対する取り組みや、情報開示の姿勢や実績等を評価するためにブルームバーグ社が開発した男女平等指数です。同社が設定した一定の基準と一致するか、もしくはそれを上回り、高度な情報開示と一定基準へのパフォーマンスの高さを示しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PPIH >
  3. 「2021年ブルームバーグ男女平等指数」に選定