東京メトロ×サントリーコーヒー「BOSS」 昭和・平成を走り続けた地下鉄の車両が自販機に再就職!?「THE VENDING TRAIN」~ 2月22日(金)より東京メトロ銀座線溜池山王駅に設置開始 ~

車両が自販機に生まれ変わるまでの物語を描いたスペシャル動画「働くって、いいもんだ。THE VENDING TRAIN」~ 2月22日(金)より公開 ~

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:山村 明義 以下:「東京メトロ」)と、サントリーコーヒー「BOSS」は、退職した地下鉄の車両「銀座線01系」※を使用して制作した、世界にたった一台の自販機「THE VENDING TRAIN」を、2019年2月22日(金)より、東京メトロ銀座線溜池山王駅に設置いたします。それに伴い、車両が「THE VENDING TRAIN」として生まれ変わるまでの物語を、ドキュメントタッチで描いたスペシャル動画「働くって、いいもんだ。THE VENDING TRAIN」を、特設サイト(https://www.tokyometro.jp/thevendingtrain/)や東京メトロの駅構内および車内ビジョンなどで公開いたします。
※「銀座線01系」とは、1984年1月より営団01系電車として営業運転を開始し、2004年4月の営団民営化にともない、東京メトロに継承された銀座線用の車両。2017年3月に01系最後の30編成が銀座線で営業運転を終了しました。


■「THE VENDING TRAIN」について                     
 “東京で働く人々”を支える東京メトロと、“働く人の相棒”サントリーコーヒー「BOSS」は、「働くって、いいもんだ。」というコンセプトのもと、働く人たちを応援するさまざまなコラボ企画を展開中です。

 今回の「THE VENDING TRAIN」は、昭和・平成の33年間、東京の地下を走り続けた東京メトロの車両「銀座線01系」をベースに、既存の自販機を特殊仕様のラッピングで覆った、世界にたった一台の自販機です。「銀座線01系」の先頭車両をイメージしたインパクトのある外観、商品購入時に点灯する、車両を模した疑似フロントライトに加えて、元車両ならではの特別な仕掛けとして、東京メトロ現役車掌の声でさまざまなフレーズをしゃべる「ボイス機能」を搭載。まず「THE VENDING TRAIN」に人が近づくと「今日も『THE VENDING TRAIN』をご利用いただきましてありがとうございます。お金のかけこみ投入は、おやめください」と声が流れます。また、商品取り出し口の扉を開けると「おつりの取り忘れに、ご注意ください。足元にご注意ください。出口は下側です。」とボイスが流れ、さらに商品を取り出すタイミングでは「『THE VENDING TRAIN』をご利用のお客様にお願いいたします。一人でも多くのお客様がお買い求めになれるよう譲り合ってご利用ください。」など、全5種のフレーズを用意。働く人たちに寄り添う東京メトロとサントリーコーヒー「BOSS」の思いをお客様に届けます。
※現役車掌4人の声で、全5フレーズ収録。 

■「THE VENDING TRAIN」概要
設置期間:2019年2月22日(金)~
設置場所:東京メトロ銀座線溜池山王駅 11番・12番出口中央付近
※詳細は下記の地図を参照
設置台数: 1台
主な特長:①退職した東京メトロ車両を活用した自販機
               ②銀座線01系の先頭車両をイメージした外観
               ③自販機がしゃべる「ボイス機能」搭載
               ④「ボイス機能」の音声は東京メトロの現役車掌が担当
               ⑤自販機設置場所付近にグラフィック広告を掲出
主な音声フレーズ : (全5パターン)
 1 今日も「THE VENDING TRAIN」をご利用いただきましてありがとうございます。
 2 お金のかけこみ投入は、おやめください。
 3 おつりの取り忘れに、ご注意ください。
 4 足元にご注意ください。出口は下側です。
 5 「THE VENDING TRAIN」をご利用のお客様にお願いいたします。一人でも多くのお客様がお買い求めにな
   れるよう譲り合ってご利用ください。

 


■スペシャル動画「働くって、いいもんだ。THE VENDING TRAIN」について
 「THE VENDING TRAIN」のスペシャル動画として制作した「働くって、いいもんだ。THE VENDING TRAIN」では、昭和、平成と2つの時代を走り続けた車両「銀座線01系」が退職し、自販機として再就職するまでの過程を、ドキュメントタッチで描きました。
 長年親しんだ職場を離れる寂しさや、同僚と別れる切なさなどが募る退職や再就職は、働き続ける中で誰もが経験する人生のワンシーンで、とりわけ本動画の主人公は「車両」というモノですが、ともに働き続けた東京メトロの車掌たちにとっては「仲間」も同然。そんな特別な存在の再就職に当たり、元“同僚”の車掌たちがエールを送る物語を通じて、東京メトロとサントリーコーヒー「BOSS」の「働き続けるあなたに。おつかれさまです。」というメッセージを訴求していきます。

■WEB動画 概要
タイトル:『働くって、いいもんだ。THE VENDING TRAIN』(167秒)
公開日時 :2019年2月22日(金)4時
内容:「働くっていいもんだ」というテーマのもと、退職した車両が自販機に生まれ変わり、駅に設置されるまで 
    の様子を、実際に銀座線01系に乗車していた車掌のインタビューなどとともに描く再就職物語
公開先:特設サイト(https://www.tokyometro.jp/thevendingtrain/
    東京メトロ公式チャンネル(https://www.youtube.com/user/TokyoMetroOfficial
    東京メトロの駅構内および車内ビジョン ※2月25日(月)~放映

■撮影エピソード
◇銀座線01系に使用された部品を活用して制作
   33年間東京の地下を走り続けた車両「銀座線01系」に、実際に使われていた部品を活用して制作された自販機「THE VENDING TRAIN」。行き先としては珍しい「溜池山王」を表示する「行先表示器」や東京メトロのロゴ「Mマーク」のプレート、実物をオマージュして今回の自販機用に数字をアレンジした「車両銘板」など、昭和、平成という2つの時代を走り続けた、味わいのある素材を随所に使用しています。 

◇東京メトロ現役車掌4人が自販機のアナウンスを担当
  ボイス機能のオリジナルアナウンスの収録には、現役の車掌4人が参加しました。車掌たちは当初、人生で初
 めて訪れた収録スタジオで、撮影用のカメラと大勢のスタッフに囲まれる独特の雰囲気に圧倒されていました
 が、ともに働き続けた「銀座線01系」のために、仲間を思う気持ちを込めて、真剣な表情でアナウンスの原稿を
 読んでいました。

◇クリエーターの心を動かす車掌たちの熱い(?)コメント
   車掌たちのインタビュー収録の中で「私たちにとっては『モノ』である車両が、車掌さんたちにとっては『仲
 間』であることが、話される言葉の端々から伝わってきました」と振り返った、クリエーティブディレクターの
 歓崎氏。「銀座線01系のことを『あいつは』と人称代名詞を使って話されたり、昔ながらの仕様なので、こだわ
 りの強い『ヤツ』でした、などと、銀座線01系に対して、親しみを込めた言葉を使い、笑顔をこぼしていた車掌
 たち。人生ではじめての収録に最初は緊張していましたが、収録を終える頃には和やかなひと幕がありました。

◇再就職した元・同僚との再会に感慨もひとしお!
   緊張漂うアナウンス原稿読みから、実際に働いているシーンの撮影まで、終始真剣な面持ちで取り組んでいた 
 車掌たちの表情が一変したのが、「THE VENDING TRAIN」と遭遇したシーン。「最初に銀座線01系が自販機
 になると聞いた時は、一体どうなるんだろう、と思っていたけど、こうしてたくさんの人たちの力で再就職した
 姿を見ると、本当にうれしい」と笑顔を浮かべて、「小さい!」「かわいい!」などと、生まれ変わった「仲
 間」との再会を喜んでいました。

◇再就職に携わる「人」の存在や車両がまとう「仲間の空気」にこだわった動画
    本動画の制作チームが最も注力したのは、退職した車両が自販機になったということだけでなく、そこに携わ
 る「人」の存在や、車両がまとう「仲間の空気」をしっかりと描写すること。今回の物語を通じて、働き続ける
 全ての人に、仕事のやりがいや、働き続けることで得られる仕事冥利を感じていただけるよう、音楽やインタ
 ビュー、編集など、すべての制作過程にこだわりました。
 
◇緊張感のある時間が深夜まで続いた自販機の設置
   完成した自販機を外から地下まで運ぶ際には、特殊なマシーンを使いながら、慎重に手作業で階段を降下。ま
 た、置いた場所から自販機が倒れないように、ドリルで駅通路の地面を掘る時には、少しのズレでも安全に影響
 が出ることから、集中した時間が続きました。さらに、センサーで音声が流れるための確認作業に数時間を要
 し、設置完了は深夜となりました。ちなみに、こだわりのある車両の自販機だけに、購入は現金のみの扱いで、
 指名された車掌の一人が、さっそく小銭を一枚一枚丁寧に投入して、BOSSのコーヒーを購入していました。
<動画出演 車掌のコメント>
銀座線乗務管区 浅草車掌事務室 統括車掌
「緊張しましたが、貴重な体験ができました。これからも銀座線から再就職した01系を応援しています」
銀座線乗務管区 渋谷車掌事務室 統括車掌
「出演の話をいただいた時は正直驚きましたが、なかなか経験できることではありませんので、楽しむ気持ちで臨みました。銀座線0 1 系には、車掌になった時からお世話になっておりましたので、今回の企画での再会はとてもうれしく思います」
千代田線乗務管区 綾瀬車掌事務室 統括車掌
「入社当時お世話になった01系、あなたの転職に携われたことに感謝!」
半蔵門線乗務管区 青山車掌事務室 統括車掌
「営業運転を終えた01系の第ニの人生に声を入れられたのはよかったです。01系は意外とタフで扱いやすかったです」

■これまでのコラボ動画紹介
◇第一弾「働くって、いいもんだ。 THE LAST TRAIN」(2017年3月27日公開)
  長きにわたり鉄道業務に従事し、2017年3月をもって定年退職を迎える駅長に対し、駅社員から労いやお礼の
 メッセージを送るサプライズ企画。半年前から企画準備を行い、綿密な打ち合わせのもと、終電後の秋葉原駅
 で、デジタルサイネージを用いてサプライズを行いました。
 (特設サイト:https://www.tokyometro.jp/thelasttrain/
◇第二弾「働くって、いいもんだ。 THE 25 YEAR TRAIN」(2018年4月23日公開)
  物語の舞台は、2015年、東京から熊本に転勤し、今なお現役として、地元の人々の暮らしを支える勤続25年
 の旧・東京メトロ銀座線01系/現・熊本電鉄01形。そこで同車両にゆかりのある勤続25年の東京メトロ社員4人 
 と熊本電鉄社員2人が、勤続25年の同期会として一堂に会し、01系のことを語り合いながら、お互いの25年間
 の仕事を振り返りました。 
 (特設サイト:https://www.tokyometro.jp/the25yeartrain/) 

 

  

 

  

 

 

 

                         
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 東京メトロ×サントリーコーヒー「BOSS」 昭和・平成を走り続けた地下鉄の車両が自販機に再就職!?「THE VENDING TRAIN」~ 2月22日(金)より東京メトロ銀座線溜池山王駅に設置開始 ~