LUMINE広告と連動したショートストーリー『One piece of a woman』のvol.10が公開!

日常が変わりゆく今、物語で贅沢なひと時を。
美しいビジュアルと印象的なキャッチコピーで女性の共感を呼び続けるLUMINEの広告と連動したショートストーリー『One piece of a woman』のvol.10が公開となりました。
いつもの生活が変化した今、物語で心地いいひと時を過ごしませんか?

19万部突破のロングセラー『試着室で思い出したら本気の恋だと思う』の著者・尾形真理子さんが書き下ろした短編小説コンテンツ『One piece of a woman』が、特設サイトより公開となりました。

多くの女性に支持される写真家の蜷川実花さんと、女性の心を捉える数々の言葉を生み出す実力派コピーライターの尾形真理子さんらによって作り出されるLUMINEの広告。
美しい広告ビジュアルに連動した尾形真理子さんによる短編小説『One piece of a woman』のvol.10をお楽しみください。

『One piece of a woman』はLUMINEの1枚のポスターから生まれたショートストーリーで、各回様々な女性の日常が描かれています。
※こちらはLUMINEの特設サイトでのみご覧いただけるオリジナルコンテンツです。
 

< LUMINEの2020年夏の広告ビジュアル>


『One piece of a woman』特設ページ
https://www.lumine.ne.jp/one-piece-of-a-woman/

尾形真理子さん初の小説作品となる『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(幻冬舎文庫)ではLUMINEのキャッチコピーをモチーフに、恋する女の子のせつない気持ちが描かれています。本作は重版を続け、19万部を突破。世の女性たちの心をつかみ、ベストセラーとなっています。こちらも併せてお楽しみください。


書籍詳細ページ
https://www.gentosha.co.jp/book/b7820.html


 

尾形真理子(おがた まりこ)

コピーライター / クリエイティブディレクター。1978年東京都生まれ。2001年(株)博報堂に入社し、2018年(株)Tangを設立。LUMINEをはじめ、資生堂、Tiffany&Co.、キリンビール、Netflix、FUJITSUなど多くの企業広告を手がける。朝日広告賞グランプリ、ACC賞ゴールド、TCC賞など受賞多数。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(幻冬舎)で小説家デビュー。その他、歌詞の提供やコラムの執筆など活躍の場を広げる。

 

 

『One piece of a woman』特設サイト
https://www.lumine.ne.jp/one-piece-of-a-woman/

 

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』書籍詳細ページ
https://www.gentosha.co.jp/book/b7820.html
※電子書籍でもお楽しみいただけます。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 幻冬舎 >
  3. LUMINE広告と連動したショートストーリー『One piece of a woman』のvol.10が公開!