“地球の笑顔”と“社会の笑顔”のために 「フォンテーヌ 緑の森キャンペーン」

アデランスのSDGs・CSRに対する取り組みの1つとして実施 期間:2020年9月1日(火)~12月31日(木)

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業の株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)では、使われなくなったウィッグの回収を促す環境キャンペーン「フォンテーヌ 緑の森キャンペーン」を、9月1日(火)~ 12月31日(木)の4ヵ月間に渡り実施します。本キャンペーンは、2009年から実施しており、今年で12年目を迎えました。昨年度より「フォンテーヌ 美しい森をとりもどすプロジェクト」を発足し、新たな支援先として「静岡県立森林公園(浜松市浜北区尾野)」内のアカマツ林を加えています。
 「フォンテーヌ 緑の森キャンペーン」では、フォンテーヌ店舗(一部店舗を除く)等に、お客様が使われなくなったウィッグやトップピース®(他社商品を含む)を店頭にお持ち込みいただいた際に、緑のクーポン券を進呈いたします。このクーポン券を利用して新たなフォンテーヌ商品(ウィッグ、トップピース®)を購入いただくと割引価格が適用されることに加え、お買上商品1点につき100円分を環境コミュニケーションを推進する合同会社ツバルの森(本社:東京都渋谷区、代表社員:三嶋 浩太)を通じて、植林活動に活用します。

 昨年度より新しく支援先として加わった「静岡県立森林公園」は、アカマツ林を主体とした自然の景観として県民に親しまれ、また環境省からも「生物多様性保全上重要な里地里山」として選定されるなど、希少生物の生息地としても評価されています。しかし、2011年の東日本大震災の影響で、松くい虫防除剤の空中散布用のヘリコプターが確保できず、松くい虫の被害が激増。そのため、園内の広範囲に純林として存在していたアカマツ林が、10年前の約1/3程度(約13,000本)にまで減少しています。こうした状況から当社では、民間企業として初となる同地のアカマツ林再生活動への協力を決定し、2019年4月19日に「しずおか未来の森サポーター協定」を締結いたしました。昨年12月には植林の準備として地ならし、今年1月にはアカマツ林の植林を、静岡県を管轄する当社の中京営業部が中心となり実施し、約100本のアカマツ林の埋め戻しをいたしました。
 

2020年1月静岡県立森林公園での植樹会2020年1月静岡県立森林公園での植樹会

2020年6月下草刈り後2020年6月下草刈り後











 


■「フォンテーヌ緑の森キャンペーン」の概要
 環境保全活動は、国内の自然保護を目的としたプログラム(運営:合同会社ツバルの森)を通して行われます。本キャンペーンを通じて集めた拠出金は、下記の環境保全活動に使用します。
支援先 支援内容
フォンテーヌ緑の森 メンテナンスや維持にかかる費用
NPO法人さくら並木ネットワーク 東北・三陸地方での桜の植林にかかる費用
静岡県立森林公園 アカマツの植林や森林整備にかかる費用

 

◆ キャンペーン期間     
  2020年9月1日(火)~2020年12月31日(木)
  ※店舗により開始時期が異なる場合があります。

◆ キャンペーン内容
  ○ お客様がご不要になったウィッグまたはトップピース®(他社商品含む)を回収し、
    回収品1点につき、「緑のクーポン券」を1枚進呈。

  ○ 進呈した「緑のクーポン券」を利用し、新しい商品を購入する場合、
    購入する商品の価格に応じた割引販売を実施(下表参照)。
    ※クーポン券のご利用は発行店舗のみとさせていただきます。
    ※医療用オーダーメイド・ウィッグは割引対象外となります。
    ※リセット(メンテナンス)等の役務や小物等のケア商品のお買い物にはご利用いただけません。

  ○ さらに、お客様が「緑のクーポン券」を使って当社ウィッグを購入するごとに、
    1点100円を環境保全活動に活用させていただきます。

  ○ 割引金額
 

お買い上げ金額(税込)1品 クーポン券ご利用による割引額(税込)
¥55,000~¥165,000 ¥5,500
¥165,001~¥264,000 ¥11,000
¥264,001~¥330,000 ¥22,000
¥330,001~ ¥33,000


◆ 対象店舗
  全国百貨店内フォンテーヌコーナー、フォンテーヌ直営店、スワニーbyフォンテーヌ、
  ルネ オブ パリスbyフォンテーヌ、アニーダブレーの店舗
  ※一部対象外の店舗があります。

◆ 回収対象商品
  お客様がご不要になったウィッグまたはトップピース®(他社商品含む)。
  回収させていだきましたご不要なウィッグの廃棄におきましては、
  適切な方法で処理させていただいております。

■フォンテーヌ緑の森キャンペーン これまでの歩み
 

・『フォンテーヌ緑の森』への植林活動

期間:2009年~2016年

場所:山梨県笛吹市
内容:不要となったウィッグの適切な処理と、緑を増やす植林活動をリンクさせることを目的として、2009年よりスタートしました。8年間での合計植林本数は1,200本以上となり、初年度に植えた苗木は大人の背丈ほどにすくすくと成長しています。2016年に対象エリアの植林が完了したため、2019年度からはメンテナンスや維持にかかる費用をサポートしています。
 


・ナショナルトラストへの支援

期間:2017年~2018年

場所:全国
内容:エコサイクルの仕組みはそのままに、日本の貴重な景観を次世代に繋げることを目的としたナショナルトラスト(環境保全活動)を支援しました。
 


・NPO法人さくら並木ネットワークへの支援
期間:2016年~

場所:東北・三陸地方
内容:2011年に発生した東日本大震災による津波到達地点に桜を植林することで、津波被害を後世に伝える活動を行うNPO法人をサポートしています。当社社員を中心に、植林活動に参加しています。

 

・アカマツ林再生プロジェクトへの支援
期間:2019年~

場所:静岡県立森林公園
内容:当社社員が中心となり、アカマツの植林や雑草の除伐などに参加し、アカマツ林の再生を支援していきます。


■アデランスのCSR活動について
 アデランスグループのCSR活動は、「社会的価値を持った活動」をさらに深め、広げていくことで、お客様や社会からの信頼に基づいた、健全で永続的な企業成長を目指すものです。こうした活動を「事業と一体化した価値創造型CSR」として進めています。
 

株式会社アデランスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。株式会社アデランスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

アデランスのSDGsに対する取り組み

 アデランスグループは、グローバルに事業を展開する企業として、SDGsで掲げられる、世界が直面するさまざまな課題と真摯に向き合い、事業を通じた社会課題の解決を図ることで、持続可能な社会の実現に寄与し、持続的な成長を目指していきます。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アデランス >
  3. “地球の笑顔”と“社会の笑顔”のために 「フォンテーヌ 緑の森キャンペーン」