ASUS、世界初のEPYC搭載2U6N高密度サーバーを発表

多様なマルチタスク作業負荷に必要とする計算能力とストレージ性能両方を兼ね備えた「RS620SA-E10-RS12」

キーポイント 
• 世界初のEPYC搭載2U6N高密度サーバー:
緻密な設計で、ウェブホスティングアプリケーションやコンテンツ配信ネットワークに最適
• 高密度コンピューティングと豊富なI/O:2Uフォームファクターに6つのノードを備えた非常にスケーラブルな設計で、デザイン、パフォーマンス、ストレージの理想的なバランスを実現
• 世界トップレベルのエネルギー効率:「SPEC Power」の高密度サーバーの電力効率ランキングで1位を獲得
 

サーバーシステム、サーバーマザーボード、ワークステーションの大手IT企業であるASUSは、新製品「RS620SA-E10-RS12」(https://www.asus.com/jp/Commercial-Servers-Workstations/RS620SA-E10-RS12/)を発表しました。ウェブホスティングサービス、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)、エンタープライズ向け仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)アプリケーション、高性能計算(HPC)、データ分析を対象とした全く新しいサーバーです。

RS620SA-E10-RS12は、2Uフォームファクターに圧倒的な計算密度を備えた世界初の2U6N高密度サーバーです。高密度な計算能力とケーブル配線設計を有する本製品は、標準的なデータセンター環境の要件を満たしています。この新しいサーバーは環境保全においても非常に優れた実績があり、最近、AMD EPYC™ 7002プロセッサを搭載した高密度サーバーとして「SPEC Power」の電力効率部門で世界最高ランクを獲得しました。 


世界初の 2U6N高密度サーバー
RS620SA-E10-RS12は2U筐体に6つのノードを備えています。各ノードにはAMD EPYC™ 7002を1つ搭載することができ、ノードあたり最大280W のTDP、最大64コア、および 1 つの PCIe 4.0 x 16 スロットと 1 つの OCP 3.0 スロットを含む PCI Express ® ( PCIe ) 4.0 帯域幅をサポートします 。  PCIe 4.0 x16スロットはNVIDIA® T4のようなロープロファイルGPUに対応しており、さまざまなAI推論ワークロードを高速化します。最大12基のホットスワップ可能なストレージベイは優れた柔軟性を発揮し、 最大6つのSATA/SASハードドライブと6つのNVMe™ SSD、あるいは12基すべてにNVMe™ SSDストレージを配置することが可能です。 高いコア数と転送速度の両面で優れた機能を備えたRS620SA-E10-RS12は、システム全体の柔軟性に優れています。

RS620SA-E10-RS12は、ハイパフォーマンスコンピューティング、人工知能、およびデータ処理アプリケーションの高速転送に関する要件を満たすために、ストレージおよびネットワーキングインターフェイスコントローラ ( NIC ) で PCIe 4.0をフルサポートしています。SDS(ソフトウェア定義ストレージ)やSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)の成熟に伴い、企業は業務運用にHCI(ハイパーコンバージド インフラストラクチャ)を積極的に採用しています。 これにより、企業はストレージ、ネットワークスイッチ、コンピューティングに別々のデバイスを購入する必要がなくなり、リソースのプール化により、ITインフラストラクチャをより効率的に利用できます。

特に、PCIe 4.0規格の到来はHCIの効率をさらに飛躍させ、データ通信やデータ転送の制限を大幅に軽減し低遅延、高帯域幅を実現しました。RS620SA-E10-RS12はHCIの需要をさまざまな形で実現します。 まず最初に、前規格のPCIe 3.0対応のデバイスと比較して2倍の性能を誇るPCIe 4.0 SSDをサポートしています。リソースをプールして分散させるという特性は、PCIe 4.0に対応したデバイスがクラウドやエンタープライズ アプリケーションのトレンドになりつつあることを意味します。PCIe 4.0とNICを使用することで、ローカルに接続された™とNVMe™ over fabrics(NVMe™-oF)の差はなくなります。 また、IT ファイアウォールと安全なHCI アーキテクチャを活用してすべてのデータ処理が内部で行われるため、全体的なワークロードをより効率的かつ安全にフローできます。 

RS620SA-E10-RS12は、TCO(総保有コスト)においてもAMD EPYC 7002™プロセッサのハイコアカウント(HCC)に貢献しています。 クラウドとHCIの両方で仮想化アプリケーションを利用する場合は、CPUコア数が多い方が有利です。 ハイコアカウントと高密度設計を備えたRS620SA-E10-RS12は、さまざまなシナリオやITインフラストラクチャでの使用に最適です。また、最速のPCIe 4.0デバイスにも対応しているため、デジタルトランスフォーメーションの課題にもすぐに取り組むことが可能です。


SPEC Powerのベンチマークで最高ランクの高密度サーバーに独自のエネルギー効率ツールを備える
RS620SA-E10-RS12は先日、標準性能評価法人(SPEC、www.spec.org)によって実施され、高く評価されている「SPEC Power」のエネルギー効率のベンチマークで最高ランクを獲得しました。AMD EPYC™ 7742プロセッサをベースに行われたテストでは、データセンターで使用される最も一般的なOSであるWindows ServerとLinuxの両方を使用し、ベンチマークの結果が実際のパフォーマンスと動作条件に関連しているか確認されました。結果は2020年10月12日現在のものです 。

サーバー業界では、環境に対する意識や電力効率が重要なトピックとなっています。ASUSは2019年、リアルタイムでサーバーの温度を監視し、動的にファン曲線を調整することでファンの消費電力を低減するサーバーの熱管理技術Thermal Radar 2.0を発表しました。RS620SA-E10-RS12は、CPUの負荷をリアルタイムに監視することで、ASUSサーバがCPUコアと周波数の全体的な負荷を自動的に調整できるようにするASUS独自の技術であるPower Balancerも備えています。これにより、全体的な消費電力を削減することで、効率を向上させ、コストパフォーマンスの最適化を実現します。 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ASUS JAPAN株式会社 >
  3. ASUS、世界初のEPYC搭載2U6N高密度サーバーを発表