【専門学校HAL】HALの学生がグランプリ!コンピュータミュージックの祭典『第31回サウンズコンテスト』

学生の部2位・3位もHALの学生が受賞!ミュージック学科の学生たちの実力が評価されました

IT・デジタルコンテンツ分野の即戦力を育成する専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)では、各業界のプロの目線で学生の実力を評価いただくことを目的に、積極的に外部コンテストへの参加を促しています。
この度、コンピュータミュージック(DTM)のためのコンテスト『第31回サウンズコンテスト』において、HALのミュージック学科の学生がグランプリに輝きました!フリー曲部門 学生の部でも2位と3位にHALの学生が選ばれ、実力が高く評価されました。学生たちのコメントとともに、受賞作品を紹介します。
  • グランプリ【賞金:5万円】
ミュージック学科 小出 大和
「ReMAKER」

自分の中の頭の中にある知識や理論を一度忘れて、シンプルでかっこいい音、曲を目指して制作しました。曲名は自分の中の「カッコいい」をつくり替える、再構築という意味を込めて「ReMAKER」としました。今回の楽曲では「できるだけサビを早く聴かせる」ためにイントロを省略しました。そして、トレンドのHIPHOPパートなどを取り入れました。作曲から編曲まですべてHALで学んだことですが、制作にあたって特に活かせた部分はメロディーとコードの関係です。たくさんトライアンドエラーを繰り返し、納得いくまでかっこいい音を追求しました。

 

  • フリー曲部門 学生の部 2位
ミュージック学科 坂井 亮太
「夏音色」

爽やかJ-POPがコンセプトです。覚えやすいメロディーと、メロディーに対するカウンターラインにこだわりました。爽やかな曲では欠かせないサイン波のアルペジオも取り入れています。曲にインパクトを持たせるためには、Bメロでダイナミクスの変化を、そしてリズムの変化が大切だと、HALで学んだことがとても役立ちました。

 

  • フリー曲部門 学生の部 3位
ミュージック学科 狭間 唯吹
「でぃすとーしょん・らぶ」

世界で1番“kawaii”音を目指し、シンセサイザーだけでなく、様々な音を混ぜて自分だけの音を制作しました。曲後半の病みの部分では、曲の展開を大きく変えることで聴いてる方を飽きさせない工夫をしました。また、「あなただけしか見えないの」や「あなただけいればいいの」といったニュアンスを散りばめつつ、ちょっとした韻を踏んだり、造語を並べることで、歌詞単体でも面白いと思えるものに仕上げました。

 

専門学校HALは、東京・大阪・名古屋のターミナル駅前に校舎を構え、ゲーム、CG、ミュージック、カーデザイン、ITまで、IT・デジタルコンテンツ分野の即戦力を育成している専門学校。専門教育の理想とされる「産学連携」を追求し、第一線のプロによる直接指導、企業からの依頼で学生が取り組むプロジェクト、プロも認めたソフト・ハードを導入。希望者就職率100%を実現しています。

【2023年4月入学願書受付中!】
来校およびオンラインの入学相談も毎日実施しています。(日曜・祝日を除く)
HAL東京 https://www.hal.ac.jp/tokyo/apply
HAL大阪 https://www.hal.ac.jp/osaka/apply
HAL名古屋 https://www.hal.ac.jp/nagoya/apply
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 日本教育財団 >
  3. 【専門学校HAL】HALの学生がグランプリ!コンピュータミュージックの祭典『第31回サウンズコンテスト』